【無料】LINEで飼育の悩みを相談できます♪ <クリック>

【防災対策】災害時ペットとあなたはどうする?エキゾチックアニマル飼育者の備え(PDFあり)

こんにちは!ナミです。

地震大国と呼ばれる日本。最近では地震だけでなく、火山噴火や豪雨、津波、台風、災害による停電などたくさんの災害が発生しています。
それは、いつどんな時に起こるか誰もわかりません。災害は突然起こります。もし災害が起こった時あなたと家族の一員であるペットがどのような行動をしたらいいのか決めていますか?

災害時にペットを守れるのは飼い主のあなただけです。いざというとき、あなたとペットが安全に避難し、災害を乗り越えるためには、日頃からの心構えと備えが重要です。

この記事では、飼い主がどのような対策をとればよいのかまとめました。デグーだけでなく、室内飼いのエキゾチックアニマルすべてにおいて大切なことをお伝えします。

この防災・災害時の対策は環境省のパンフレット5冊とデグー飼いさんへのアンケート結果をもとにまとめています。

目次

日頃からの災害への備え-チェックリスト-

飼い主として責任をもっていますか

ペットは飼い主がいないと生きていけません。普段の生活だけでなく、万が一災害が起こった時もしっかりと保護、お世話をする必要があります。
一緒に連れて避難できる頭数は限られています。お迎えする際はよく考えて適切な頭数を買いましょう。
すでに複数頭を飼育していて、家族だけでの避難が困難な場合、親戚や地域、飼い主仲間などにお願いする必要もあります。

日頃の災害対策|チェックリスト

住まいの防災

普段から災害に対する準備をしておくことで人とペットの安全につながります。

  • 住居の耐震強度の確認
  • 家具の転倒・落下防止
  • 飼育ケージの固定、転倒防止
  • 屋内の避難経路

※室内での放し飼いの場合、ケージなどのペットの隠れ場所、避難場所の確保をしましょう。

健康管理としつけ

突然の災害は動物にも大きなストレスがかかります。普段からペットの健康状態に注意しましょう。

  • 予防接種やカビ、寄生虫の駆除
  • 気温や湿度管理
  • キャリーバッグやケージ、人の手に慣らしておく
  • 様々な音に慣らしておく

※犬や猫の場合は他の動物に慣らしたり、決められた場所での排出できるようにしましょう。

家族との話し合いや地域との連携

災害時、ペットの近くにあなたがいないことも考えられます。様々な場面を想定して、家族や同じ地域で同じ種類のペット仲間と防災について話し合っておきましょう。

  • 家族間の連絡方法や集合場所
  • ペットの避難方法や役割分担
  • 飼い主留守中の対処法
  • 緊急時のペットの預け先の確保
所有明示の徹底

犬や猫、特定のペットの場合はペットと離れ離れになった時のために、迷子札とマイクロチップなど、身元を示すものをつける対策ができますが鳥など小動物の場合は動物の種類に応じて、足環や耳標があります。つけれない場合は避難用のケージに名前や写真のついたキーホルダーなどをつけておくことで最低限の身元を示す準備をしましょう。

  • 外から見える迷子札(鳥は足環など)
  • 外れる心配のないマイクロチップなど
情報収集と避難訓練

避難所によってはペット同伴が不可だったり、ケージ持参、犬猫のみ可能など制限があるところもあります。住んでいる地域の避難場所までの時間や詳細をしっかりと確認しておきましょう

  • 避難場所までの経路と所用時間
  • 危険な場所と迂回路の確認
  • ペット同行避難訓練の参加
  • 動物が苦手な人への配慮
安全確保と同行避難

災害が発生したら、まず自分の身の安全を確保し、落ち着いてから自分とペットの安全を守りましょう。
もしあなたが負傷してしまうと、ペットを守ることができません。

  • 情報を集めて避難場所への避難が必要か判断

小動の場合は犬や猫に比べて避難所への避難が難しい場合があります。家や車での待機などその動物にあった避難確保をしましょう。

ペットのための備蓄品

ペットの災害時の備えは基本的に飼い主の責任です。
災害時は特にエキゾチックアニマルのご飯が不足する可能性もあります。しっかりと備蓄の用意をしましょう。

  • 療法食、薬(必要なペットには要用意)
  • 5日以上のフードと水、食器
  • 予備のリード、首輪(ウサギやフィレットなど)
  • 飼い主の連絡先やペットの情報を記録したもの
  • ペットシーツ、おもちゃ、ブランケットなど
避難場所と仮設住宅

避難場所には動物が苦手な人、アレルギーを持つ人、幼い子供など多様な人や動物があつまるため、ストレスからペットも体調を崩しやすくなります。

  • 飼い主は普段以上に周りの人へ配慮する
  • 世話やフード確保など飼い主の責任の下で行う
  • 飼い主同士が協力して助け合う
  • 支援物資や情報を共有する
  • 獣医師やボランティアの支援を活用する
  • ペットの健康に気を配る

防災用品として必要なモノ

飼い主とデグーを含む小動物の防災必需品

必需品は環境省から配布されているパンフレットと、先日公式LINEにてアンケートを実施した際にお答えいただいた内容をふまえてまとめています。
デグーは日本の暑さ寒さに弱く、知らない環境にいくとストレスを感じてしまいます。最低限の必需品と防寒防熱対策をしないと命の危険にもなります。しっかりと用意しましょう。

※このサイトはデグー飼育者の方の閲覧が多いため、主にデグーの防災必需品をまとめています。他のエキゾチックアニマルの飼い主さんは以下の内容を参考にご準備ください。

ペット必需品チェックリスト

  • 固形チモシー(固形チモシーにすることにより場所をとらず十分な量を確保できます)
  • ペレット(チモシーだけでは補えない栄養補給や歯を削るために必要)
  • おやつ/かじり木(慣れない環境下でのストレス緩和用)
  • キャリーケースとカバー
  • 給水器やペレットの器
  • ペットシート
  • ペットボトルの水
  • リュック
  • ビニール袋(黒)
  • ティッシュペーパー
  • 濡れティッシュ
  • タオル
  • 新聞紙
  • 携帯カイロ
  • 暖房機器(ポータブル電源必須)

以下、できれば用意しておいた方がいいもの

  • 予備のケージ(キャリーケースより大きいモノ)
  • トンネル
  • ハンモック
  • 砂/砂浴びケース

飼い主必需品チェックリスト

  • ソーラーパネル付きポータブル電源(デグーとヒト用)
  • 乾電池入り電気スタンド
  • 手回しのランタン付き携帯ラジオ
  • 懐中電灯
  • アウトドア用蛇口付きポリタンク
  • ソーラーランタン
  • 毛布
  • 外で暮らせる道具
  • トイレ用で黒のビニール袋とネコ用の砂を3袋

デグーは暑さ寒さに弱い!災害大国日本だからこそ1番用意しておいてほしいモノ

最近では地震だけでなく、火山噴火や豪雨、津波、台風、災害による停電などたくさんの災害が発生しています。
それは、いつどんな時に起こるか誰もわかりません。災害は突然起こります。

エキゾチックアニマルは寒さに弱かったり、暑さに弱い動物が数多くいます。デグーも例外ではありません。もともと南アメリカのアンデス山脈で暮らしているデグーにとって日本の暑さ寒さの環境下では生きていくことができません。
万が一、電力不足や災害などで電力が止まってしまうと命にかかわってきます。
また、ヒトも現代では電力が欠かせません。最近では東京都周辺で電力不足のため停電の可能性がある時期もありました。

このような危機から少しでも私たちや愛するペットのために近年注目されているのがポータブル電源です。
このサイトの管理人である私も先日ポータブル電源を購入しました。(そこそこお高いですが、命には代えられないので…)

私が使用しているソーラーパネル付きのポータブル電源は、操作も簡単でフル充電しておけば三ヶ月経っても80%以上の電気量を保持することができ重宝しています。 ポータブル電源は使用しない場合、自然放電が少ないのもがおすすめです。私は機材チェックのため、たまにペットヒーターなどをポータブル電気で使用していますが、非常時のみの使用などであれば3~6ヶ月程で一度電気量を確認するだけでも大丈夫です。

またAC系のコンセントは2つ、microUEBはつ、TypeC1つ、車用アダプター1つあります。

災害の安心感がだいぶ変わりますので、購入のご検討をとてもおすすめます。

私が持っているポータブル電源はこちら↓(家族構成 ヒト2人/デグーちゃん2匹5歳6歳)
複数の容量がありますが、私はJackery solar Generator708ポータブル電源708ソーラーパネル100セットを使っています。ソーラーパネルは必須です!もうひと段階上のセットでもいいかなと思ったのですが、ポータブル電源は高いので…諦めました💦でも容量も申し分なく、大満足です!なお、一番小さい60セットは販売終了してしまったとのことです!

もうひと段階上のセットはこちら↓

食べ物はローリングストックを採用してみて

保存食を備蓄しておくことも、もちろん大切なことではありますが、緊急時に賞味期限が切れていた!何てこともあります。そういったことにならないようにおすすめなのが「ローリングストック」です。
ずっとリュックにいれておくのではなく、普段のフードがなくなったら、新しく購入し、購入した分は保存食としてカバンにしまい、カバンにしまっていたフードは普段使いにすることで食料等を一定量に保ちながら、消費と購入を繰り返すことで、備蓄品の鮮度を保ち、いざという時にも日常生活に近い食生活を送ることができるはずです。

災害時の対応 5STEP

STEP
まずはヒトの身の安全を

ペットがとても心配になりますが、まずは自分の身の安全を確保しましょう。災害時にペットを守るためには、まず飼い主のあなたが無事でいることが大切です。あなたが負傷してしまうと、ペットも身動きが取れなくなってしまうため、落ち着いて自分とペットの安全を守りましょう。

※地震の場合、大きな揺れは短時間でおさまることが多いです。ガラス面や家具からはなれ、丈夫な机の下に身を隠し、クッションや毛布、雑誌などで頭を保護しましょう。揺れが収まったら、火の後始末をし、ドアや窓を開けて避難経路の確保をしましょう。

STEP
ペットの安全確認

突然の災害では、普段温厚なペットもいつもと違う行動をとることがあります。興奮から手を噛まれるなど思いがけないけがをする場合があるので気を付けてください。飼い主の感情はペットにも伝わります。あなたが落ち着いて、普段通りに話しかけ落ち着かせるよう努めましょう。

STEP
落ち着いて避難の有無を確認

ガラスの飛散や倒壊した家具などに注意して避難が必要かどうか決めましょう。小動物を飼育している場合、避難所へ連れていけないことが多いため、自宅で待機が多いです。小動物はストレスのかかりやすいためむやみに避難所にいくと体調が悪くなる可能性もあります。災害状況をできるだけ把握し、避難の有無を決めましょう。

STEP
待機or避難所へ

待機する場合はすぐに避難できるように災害状況によって電気のブレーカー、ガスの元栓を切り、非常用持ち出し袋を用意しいつでも避難できるように二次災害などにも注意しましょう。避難の指示があった場合、避難するときは、飼っているペットは一緒に避難する同行避難が原則です。災害時はヒトもペットも興奮しているので、普段と違った行動をとることも考えられます。キャリーバックやケージはしっかりと抱えて安全に気を配りましょう。また避難時はキャリーケースが開かないようにガムテープなどで固定しましょう。

車中避難の注意点

自家用車の社内のように狭い空間で長時間じっとしていると、エコノミークラス症候群になる危険性があります。定期的に外へ出て運転したり、水分をこまめにとり血の巡りをよくしましょう。

また気づかぬうちに熱中症になる危険性もあります。晴天の日はもちろん、曇天や外気温がそれほど高くない日でも飼い主、ペット共にたっぷりと水分補給をしましょう。

避難所や仮設住宅でペットと過ごすときの注意点

周りの人への配慮

これまでの災害では、動物がいることによって辛い避難生活の中でも心の安らぎや支えとなったという声がある一方、鳴き声がうるさい、噛まれた、不衛生などといったことが原因でトラブルになることもありました。

避難所にはたくさんの人が集まります。動物が好きな人、嫌いな人、アレルギーがある人、幼い子供など様々な人が暮らす場所のため、飼い主さんは普段よりも周りに配慮する必要があります。

避難所にいれたとしても、ペットのお世話やフードの確保、健康管理は飼い主の責任の元に行わなければなりません。衛生面や周りの人に配慮したルール作りや、飼い主同士で助け合いましょう。

動物の健康管理

災害時はヒトもペットも多大なストレスを感じますし、物資も不足します。人もペットも体調を崩したり病気が発生しやすくなります。排泄物や汚れたものは速やかに処理をし、できる限り衛生面に注意しましょう。

また、災害時は温厚な動物でも攻撃的になったり、食欲不振になったり、便秘/下痢などの問題も発生します。体調に気を配り、不安を取り除くように心がけましょう!

こんな時どうすればいい?(デグー飼い主さんからのアンケート結果)

2022年4月にデグー飼い主さんに向けて災害時のアンケートを行いました。アンケートにお答えくださった皆様ありがとうございました。その中で質問や、私はこうしてる!こうした!などとても貴重な情報をいただきましたので、私の方で一度整理し、共有させていただきたいと思います。

Q&A

デグーの避難場所はありますか?

小動物と一緒に避難できるかは避難場所によって変わります。お住まいの市町村ホームページにてご確認ください。ちなみに私の地域でも確認しましたが、サイト上では避難場所ごとでペットと避難できるかについては記載がありませんでした。市役所の避難所担当者に聞いたところペットとの避難は可能で小動物も対応は可能とのことでした。ただし上記にも示している通り、ペットのお世話やフードの入手などは基本飼い主が行い、周りに迷惑のかからないよう、飼育場所は清潔に保ち苦情、危害防止に努めるようにとありました。

チモシーはかさばるのであまり入れられません。どうしたらいいですか?

狩っただけのチモシーですとかさばってしまうので、固形のチモシーをおすすめします。

どんな入れ物に何日分くらい用意しているの?

アンケート結果で多かったのは3~7日間分の備蓄でした。災害時は手がふさがりやすいので、登山用のリュックサックにいれましょう。

実際デグーと避難された方の避難日数を知りたい。避難生活はどんなことをしていたの?困ったことなど

現在、こちらに関して情報がありませんので、お話が聞け次第記載いたします。

ペットが複数いる場合どうしたらいいですか?

災害状況とペットの大きさや種類にもよりますが、数が多い場合ペットホテルや被災していない親戚に預けるのも1つの手です。災害が起こってからでは遅いので、今から家族や親せき、預けるペットホテル、そのための緊急用のお金を用意しておきましょう。

避難時、災害時の対策アドバイス

  • 緊急時に持ち出せるように外にも小屋を設置している(普段は使用しないので、定期メンテナンスが必要)
  • 移動用のケースをケージの近くに置いておく
  • 移動用キャリーに慣れさせるため、定期的におやつを使って誘導している
  • すぐにデグーを抱えてキャリーにいれるシミュレーションやキャリーケースの温度管理
  • 避難グッズと移動用キャリーで車に避難の練習
  • デグーに普段使用しているものは備蓄
  • 移動用ゲージを百均の焼肉網での増設の準備
  • 避難場所の確認
  • 避難時はキャリーバックにする(キャリーバックなら重ねられる)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デグー飼育歴7年目。おてんば娘のチィちゃん♀と大人なぐーちゃん♀がいます!
飼育当初、デグーの飼育方法があまり世に出回ってなく、苦労した経験から、これからデグーちゃんをお迎えする人の助けになりたいとブログを開始!

目次
閉じる