デグーの単数飼い・複数飼いどっちがいいの?

スポンサーリンク

デグーは群れを作って生活する

野生のデグーは群れを作って生きています。

とっても高度な社会性をもつどうぶつなんですよ!!

デグーの群れは、家族単位で暮らしています。群れは1~2匹のオスと2~5匹のメスからなります。(もっと数で群れを構成しているデグー達もいるそうです。)

またつがいにならないオスだけの小さな群れもあるそうです。

群れで暮らすことで、天敵からの攻撃に注意を払うことができ、寒い冬には仲間同士でかたまることで寒さをしのいでいるんです!

単数飼いの魅力  ~メリット・デメリット~

1匹で飼う魅力

デグーを一匹で飼うと、飼い主がパートナーになるので、とても懐いてくれます。表情や鳴き声でたくさん感情を表現してくれます^^

芸も覚えやすく、ほめてもらいたいためたくさん披露してくれたりしてくれます。

一方で、飼い主が仕事や学校に行っている間はデグーは独りぼっちです。

やることがないので、寝て食べるを繰り返し、体にも心にもよくないので、帰ってきたらたくさん遊んであげる必要があります。

メリット

  • 飼い主=パートナーとなり、よく懐いてくれる可能性が高い
  • 声や表情でたくさん表現してくれる
  • 芸を覚えやすい
  • 愛情を独り占めできる

デメリット

  • 日中、独りぼっちなので、運動不足になる
  • お団子デグー(他のデグーと寝たりする姿)が見れない
  • 寂しさから、ストレスで自分の身体を痛めつけてしまうことがある

複数飼いの魅力  ~メリット・デメリット~

群れで飼う魅力

群れでデグーを飼うことにより、デグー本来の生活に近い姿を見ることができます。

例えばデグー同士の鳴き声をつかったコミュニケーションやみんなで寄りあって眠る姿を見ることができます。

メリット

  • デグーの寂しさを減らすことができる
  • デグー同士のコミュニケーション姿を見ることができる
  • お団子状態のデグーがみられる

デメリット

  • デグーたちだけで仲良くなってしまい、飼い主に懐かない子も出てくる
  • 緊急時1匹ごとにケージを用意しなければならないので、スペースや費用が必要
  • オス・メスを同じケージに入れている場合、繁殖する可能性もある

本来のデグーに習った飼い方にするなら?

本来のデグーの生態に合わせるなら群れで飼うことを強くお勧めします。

その際には、できるだけ家族と同じにしましょう。家族で一緒に飼ったほうが、初めから一緒にいるので、ケージを1つにできます。

(時たま仲が悪くなったりするので、1匹につき1つケージの用意は必要です)

家族以外だと、メス×メスで飼う場合は仲良くなることがありますが、オス×オスだと喧嘩をしてしまう可能性が高いです。

多数飼いをする際にはこちらもご覧ください↓

デグーを複数飼い・多数飼いにするときに注意すること