給水ボトル比較!使いやすいおすすめ3選!!

こんにちはナミです!

デグーにも人間にも必要不可欠のお水!給水ボトルでも様々な会社から出ていて、様々なものがあります。ありすぎて一体どれを選べばいいの?

給水ボトルの留め具を壊されて使い物にならなくなったり、お水が出にくかったりすると命にかかわりますし、不安ですよね

できることなら、ちゃんとしたものをつけたい!
実は、給水ボトルの種類によって壊れにくかったり、設置がしやすかったり、
掃除しやすかったりするんです!

可愛いデグーの健康のために給水ボトルに悩んでるあなた!デグーが飲みやすく、掃除のしやすい給水ボトルをご紹介します!

スポンサーリンク

給水ボトルおすすめ3選!

第1位! マルカン 小動物用給水機 エコボトル ミニ

第1位は「マルカン 小動物用給水品 エコボトル ミニ」です!デグーの飲みやすさはもちろんの事、容器も洗いやすく、素材もしっかりしているので、あまり齧られず、しっかりと固定できます!

他の給水品に比べて、素材が硬く、壊れにくいです!

メリット

  • 素材がしっかりしているので、留め具をあまり齧られない
  • ぐらつきがなく安定して設置できる
  • ケージに設置しやすい
  • 容量が大きい
  • ボトル口が大きく、洗いやすい
  • 水滴が滴れない

デメリット

  • 飲んでいるとき、若干音がでかい

第2位! マルカン ウォーターボトル フラット

第2位は「マルカン ウォーターボトル フラット」です!

1位のエコボトルに比べると、若干機能面で衰えます。留め具のねじ部分が柔らかいので、変形しやすく、ボトル部分もだいぶ柔らかいです。

飲んでいるときに音が小さいことと、サイズが2種類あるので比較的おすすめです。

メリット

  • ぐらつきがなく安定して設置できる
  • ケージに設置しやすい
  • 容量が大きいのと小さいのと2種類ある
  • 飲んでいるとき、若干静か
  • デグーにちょうどいいコンパクトサイズ

デメリット

  • 材質が柔らかいので、留め具が壊れやすい
  • ボトル口が小さく、洗いにくい
  • デグーに留め具を齧られやすい

第3位! 三晃商会 SANKO マルチボトル 80cc

第2位は「三晃商会 SANKO マルチボトル 80cc」です!

この商品が他の給水ボトルと違うところは、給水ボトルを吊り下げることも可能という点です!

また、ケージを開けなくても、外から留め具を固定することができます!

1、2位の給水ボトルと比較すると、メリットより、デメリットのほうが少し目立ってしまいます。

メリット

  • 吊り下げて使うことができる
  • 容量が大きい
  • ケージの外から留め具を設置できる

デメリット

  • 材質が柔らかいので、壊れやすい
  • ボトル口が小さく、洗いにくい
  • デグーに留め具を齧られやすい
  • ぐらつきがある(ボトルが滑る)
  • たまに水が滴ってしまう。

給水の種類

小動物の給水方法は2種類あります。

受け皿で給水

受け皿で給水されている方も少数ですがいらっしゃいます。

受け皿のメリットとして、

  • 不正咬合の予防
  • 野生本来の給水の仕方ができる

点があげられます。

デメリットとしては、

  • カバーがなく、水が常に空気に触れるので、汚くなりやすい
  • デグーが受け皿を倒してしまう
  • 口元はが濡れてしまう

点があげられます。

一時期、私も受け皿を使用していましたが、やはり、デグーがお皿をひっくり返してしまうのと、お水にチモシーやほこりが入ってしまい、清潔感が失われてしまったので、あまりおすすめしません。

給水ボトルで給水

小動物を飼われている方ではおなじみの給水ボトルタイプです。

ボトルをケージの外に設置し、飲み口だけケージ内で飲めるようにしたものです。

50mlから300ml容量と幅広い種類があります。

メリットとしては、

  • お水が汚れにくい
  • たっぷり保管できる
  • 設置が簡単

点があげられます。

デメリットとしては、

  • 個体によっては飲み口からうまくのめず、不正咬合になる可能性がある
  • 留め具を齧られやすい
  • モノによって水滴がたれやすい

点があげられます。

さまざまな給水ボトルを使用しましたが、デグーの使いやすさ、洗いやすさ、強度などを踏まえたうえでおすすめの給水ボトルをご紹介します!

まとめ

給水ボトルのおすすめ3選をご紹介しましたが、私はやっぱり1位のエコボトルがダントツの使いやすさだと思います。

もし、給水ボトルを買い替える機会がありましたら、ぜひご検討ください!