デグーの防寒対策!冬に必要なモノ!低体温症にならないようにするためには!

普段のお世話/ケア

こんにちはナミです!

寒くなる季節。人間も寒いですよね!それはデグーも一緒で日本の寒さに非常に弱いです。帰ってきたらデグーが寒さで死んでしまった。何てこと絶対になくしたいですよね。

あなたの普段のちょっとした行動とお金で、デグーの身を安全にすることができるんです!

あなたが帰宅した時に、元気な姿でお出迎えしてくれるデグーを毎日見るためにも冬支度をして健やかな毎日を送れるようにしましょう!

デグーの暑さ対策!夏に必要なグッズ!

2019年3月4日
スポンサーリンク

デグーの寒さ対策

冬のデグー部屋に用意する必需品グッズ

デグーの冬に必要なモノ
  • エアコン
  • 毛布
  • ペット用暖房器具(うさ暖など)

エアコン

冬場は必ずエアコンをつけるようにしましょう!

部屋を閉じ切っていても、外気が寒いと部屋の温度も下がってしまいます。デグーは寒さにも弱い生き物です。必ずエアコンはつけましょう!

毛布

デグーが自分で体温調節する際に必要なグッズです。

またデグーも柔らかい素材で寝るのが好きなので、数か所に毛布を設置してあげましょう!

(※爪が引っ掛かりにくい素材を選びましょう!)

ペット用の暖房器具(ケージ内)

毛布同様にデグーが自分で、体温調節をする際に必要となるグッズです。

おすすめはうさ暖です。かじってもなかなか削れない素材でできており、掃除もしやすいのが特徴です。

ペット用の暖房器具があるからと言って、エアコンはつけなくてよいというわけではありません。エアコンで気温のメインを調節しつつ、カバーできないことをうさ暖などで補うのが一番理想です!

エアコンの設定は高すぎないようにする

寒いからといって、エアコンの温度を高く設定しないようにしましょう!

エアコンの温度が高いと、デグーが熱中症を引き起こしてしまう可能性があります。

デグーの適温は気温25℃、湿度50%と言われています。

ケージの位置で寒さも変わる

床から1m以下の場所は気温の変化が大きいです。

エアコンで適温を設定していても、ケージを床に直接置いていると、エアコンの温度の+-3度変わってきます。

ケージは床から1mくらい高い位置に設置しましょう!

カイロや人間用の電気毛布を使っても大丈夫?

人間用の電気毛布の使用はおすすめしません。

誤ってかじってしまったり、コード部分にコーティングがされていないので、感電死してしまう恐れがあります。うさ暖等、ペット専用の暖房器具を使用しましょう!

またペット用に、カイロを入れるケースが売っていますが、極力控えましょう。ケースもラスチックなので、ケースに穴をあけ、カイロの袋もかじって中身を食べてしまう可能性があります!

緊急時用にカイロを準備するのはいいですが、普段使いには向いていないので、うさ暖などを使用しましょう!

デグーを飼う部屋の暖房代はいくら?

一人暮らしでデグーを飼っている場合、

冬の平均の電気代はずばり¥10,000です。(11月から2月まで)

以下は2匹飼っている時の電気代ですが、部屋の構造は1匹分と変わらないので、単純に1匹の電気代として考えます!

エアコンは夏と冬の季節はずっとつけっぱなしです。

ちなみに、私は一人暮らしで、デグー部屋の広さ12畳(主の家事などの電気代も含まれています)

2月(01、03月)¥9,000~15,000前後

5月(04、06月)¥4,000前後

8月(07、09月) ¥9,000~12,000前後

11月(10、12月)¥4,000~6,000

もし、デグーが調子悪くなったら

もし、デグーがぐでんとしていたり、震えていたら迷わず、かかりつけの病院へ行きましょう!

低体温や他の病気になっている恐れがあります!

変に自己判断せずに、お医者さんを頼りましょう!

一緒によく読まれる記事