デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

デグーのお迎えを検討していたり、デグーを飼い始めた人が気になるであろう、維持費!いったいどれくらいなのでしょうか?

私が今まで経験した中で、デグーの維持費がどれくらいだったのかご紹介します。
*1匹のデグーにかかるお値段で記載しています

【初めてのデグー】初期費用と最初に準備するもの!

1か月に必要な維持費は?

月にかかる合計金額は、約¥10.000です。

維持費3つの内訳

  • 消耗品
  • 電気代
  • 病院代

病院代はデグーによっても頻度が違ったりしますので、また後程ご紹介します。

消耗品の詳細

消耗品の1ヶ月の合計はずばり¥5,200です!

餌代

食べ物値段購入頻度
チモシー¥1,5001か月に1度
ペレット¥1,0002か月に1度
おやつ¥1,0002か月に1度

床材・かじり木・砂の金額など

用品値段購入頻度
消臭砂¥6003か月に1度
ペットシート¥1,0002か月に1度
かじり木¥1,5001ヶ月に1度
浴び砂¥1,0002か月に1度

電気代の詳細

月の平均の電気代はずばり¥4,600です。

意外と1人暮らしの電気代と変わりませんよね!

以下は2匹飼っている時の電気代ですが、部屋の構造は1匹分と変わらないので、単純に1匹の電気代として考えます!
エアコンは夏と冬の季節はずっとつけっぱなしです。

ちなみに、私は一人暮らしで、デグー部屋の広さ12畳(主の家事などの電気代も含まれています)

2月(01、03月)¥9,000~15,000前後
5月(04、06月)¥4,000前後
8月(07、09月)¥9,000~12,000前後
11月(10、12月)¥4,000~6,000

1か月の維持費表

数か月単位で購入するものは1か月にかかる値段で考えてまとめています

金額
チモシー¥1,500 
ペレット¥500
おやつ¥500
消臭砂¥200
ペットシート¥500
かじり木¥1,500
浴び砂¥500
電気代¥4,600
合計¥9,800

まとめ

月にかかる合計金額は、¥9,800 となりました。

電気代も入っているので少し高く感じる方もいるかもしれませんが、<電気代>でもお伝えした通り、普段の独り暮らしの電気代と変わりないので、デグーにかかる純粋な金額はもっと低いです!

あなたのスマホ代よりは断然安いのではないのでしょうか?

一緒に読まれている記事

【デグー初心者】デグーの飼い方総まとめ!飼うときの注意点や準備するもの!

デグーになついてもらう7つの方法&なつかないデグーの接し方

デグーに噛まれた時の対処法。自分の応急処置の仕方

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

デグーの抱っこの仕方・やり方!抱っこの保定ができると病院で大活躍!

デグーを飼い始める前に知っておくこと

ペットを飼うということはその子の生涯を共にするということです。
デグーだけでなく、他の動物や人間もいつかは年老いて死を迎えます。

くーちゃん
「可愛い!」だけでなく、その子の一生を見届けることがでる?
チィちゃん
病気になった時、 栄養補助食やトイレのお世話はできる?
くーちゃん
一緒に暮らしていく上で、光熱費がかかったりするのを知ってる?

今回は、デグーを飼うと決めた方に前もって知っておくことをご紹介します

デグーは暑さ寒さに弱い!夏、冬はエアコン代がかかる!その値段は?

デグーの生活で最適な湿度・温度

生活するうえでの適温は
気温25℃、湿度50%

デグーはアンデス山脈に住んでいますが、生活するうえでの適温は気温25℃、湿度50%と言われています。
なので、デグーにとって、日本の夏や冬はとても過酷な環境です。

日本では室内といっても夏は30℃、冬は10℃になります。

デグーを飼うということは、エアコンをつけっぱなしにするということです。

その年の寒暖にもよりますが、電気代は月¥10,000前後になります。

もしここで電気代がもったいない!などと思うなら、あなたはデグーを飼うべきではありません。
電気がもったいないと思うのであれば、自分の生活の方で我慢しましょう。それくらいの気持ちが無くてはいけません。

私は一人暮らしで、デグーを2匹飼っていますので、参考に私の電気代をご紹介します。
デグー部屋の広さ12畳(主の家事などの電気代も含まれています)

1年の電気代

  • 2月(01、03月)¥9,000~15,000前後
  • 5月(04、06月)¥4,000前後
  • 8月(07、09月) ¥9,000~12,000前後
  • 11月(10、12月)¥4,000~6,000

夏と冬のそれぞれ3か月はエアコンつけっぱなしです。

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

デグーを飼う部屋の環境は整っている?最低限のレイアウトとは?

デグーはニオイに敏感です。デグーのケージが汚いと掃除してとせかしてくるほどです。

デグーケージだけでなく、ケージが置かれている部屋の環境は整っていますか?
部屋の中で散歩をしたりするので、電気コードや食べかすが無いようにしないといけません。

ケージを置く部屋の環境

  • ケージの設置場所は寒暖差が起きない場所を選びましょう。
  • アロマを置かない
    (デグーではまだ伝わっていませんが、犬や猫にとってアロマは危険です。確かではありませんが、デグーのいる部屋に人工物であるアロマなどはおかないほうが得策です)
  • また、殺虫剤やたばこもデグーにとっては危険なので、やめましょう!
  • 他の動物がいる部屋はやめましょう
    (ただし、チンチラやモルモットは仲良くなる可能性があります。)
  • デグーのケージは床から30センチくらい上に設置しましょう

床から30センチは人が思っているよりも気温が上下します。床から1mくらい離しましょう。
例えばエアコンの温度を25℃にしていても床付近は18℃だったりします。

よく、デグーのケージを床に置いている方がいますが、あまり好ましくありません。
どうしても床に置く場合、冷気がケージに回り込まないように、 段ボールなどで、下側を囲いましょう。

デグーに快適な部屋作り!部屋んぽもすぐできる!!

デグーの部屋んぽの注意点!散歩の頻度や方法、デグーが戻ってこなくならないように気を付けよう!

デグーは横幅広く高いケージが必要!

デグーは野生では岩場に15~60cmの深さにトンネル状の穴をあけて暮らしています。
デグーのケージも高さが60cmくらいあるのが好ましいです。

ポイント

「イージーホーム40ハイ」など、60cmの高さのケージ内で2~4段ほどの階数を作ってあげましょう
※【イージーホーム40ハイについて】掃除もしやすく、初めてデグーを飼われる方にもおすすめです。

三晃商会 SANKO イージーホーム 40 ハイ(435×500×620)

他の動物用のエサは危険を伴う!

人口の甘味物(チョコレートやケーキ)、モモやびわなどのくだものはあげないでください。

デグーの餌は何がいい?デグーが食べてはいけない物・食べれるもの

ほかにも猫と同じように、玉ねぎやアボカドは与えないようにしましょう。上記の物はデグーにとってとても害となるものです。

基本的にはデグー用のチモシー(牧草)ペレットを与えましょう!
おやつとして、乾燥ニンジンやキャベツなどを与えることができますが、食べすぎには注意してください。

デグーのチモシー一覧│おすすめのチモシーは?

デグーのおすすめペレット一覧!

デグーのおやつ一覧おすすめのおやつは?

デグー(エキゾチックアニマル)の診てもらえる病院の確認をしよう!

デグーは エキゾチックアニマル(に属し、まだあまり知れ渡っていないため、動物病院でもデグーを見てもらえない場合があります。

デグーを飼う際は近くにエキゾチックアニマルを診療してもらえる動物病院があるかどうか調べておきましょう。

病院が遠いと緊急時、最悪命にかかわります。

出張時など、デグーを預けられる場所はあるか探そう!

自身の急な入院、出張などどうしても家を飼えないといけない時があります。

デグーは準備さえ整えておけば3日くらいはお留守番できますが、長期になってくるとそうはいきません。
いざ、必要な時に、預ける場所がないとなると困ってしまいます。

飼い始める前に、デグーのペットホテルがあるか、親戚や家族に預けることができるかも確認しておきましょう。

デグーの留守番!家を5日間空けるときの準備!帰省やペットホテルの探し方

デグーは大きい声でも鳴く!隣の家主への対策はできてる?

デグーは小さい声で 「 ピルピル(甘え鳴き)」をしたり、「ピーッ!(警戒時)」と大きな声で鳴いたりします。一軒家の場合は家族の同意を得てから飼育しましょう。

また、マンションやアパートでは、もちろんペット飼育OKのところで飼い、壁の厚めの部屋に住みましょう!

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

【29話】デグーを寝かしつけるときの鳴き声が可愛くてしょうがない!【デグー 飼育ブログ】

一緒に読まれている記事

【デグー初心者】デグーの飼い方総まとめ!飼うときの注意点や準備するもの!

デグーになついてもらう7つの方法&なつかないデグーの接し方

デグーに噛まれた時の対処法。自分の応急処置の仕方

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

デグーの抱っこの仕方・やり方!抱っこの保定ができると病院で大活躍!


デグーを一人暮らしで飼う!どんな大変さがある?

デグーは人間でいう3歳児並みの知性があるといわれています。鳴き声でコミュニケーションもとることができ、一人暮らしでも飼っている方が大勢います。私もその一人です。

しかし他の動物同様に簡単には育てられませんし、一緒に暮らしていく上で危険なこともたくさんあります。

今回はデグーを一人暮らしで飼う際の注意点をご紹介します

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

帰省時や自分が病気になったり、出張で不在の時の対処法はある?

自身の急な入院、出張などどうしても家を飼えないといけない時があります。

デグーは準備さえ整えておけば3日くらいはお留守番できますが、長期になってくるとそうはいきません。

いざ、必要な時に、預ける場所がないとなると困ってしまいます。

飼い始める前に、デグーのペットホテルがあるか、親戚や家族に預けることができるかも確認しておきましょう。

デグーは暑さ寒さに弱い!夏、冬はエアコン代がかかります!

デグーはアンデス山脈に住んでいますが、生活するうえでの適温は気温25℃、湿度50%と言われています。なので、デグーにとって日本の夏、冬はとても過酷なことがわかります。
いくら室内といっても夏は30℃、冬は10℃になりますよね。

デグーを飼うということは、要するにエアコンをつけっぱなしにするということです。

夏と冬のそれぞれ3か月はエアコンつけっぱなしです。その年の寒暖にもよりますが、だいたい¥10,000前後になります。

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

デグーを飼っている部屋の環境は最適?

デグーはにおいに敏感です。デグーのケージが汚いとストレスがかかってしまいます。
デグーケージだけでなく、ケージが置かれている部屋の環境はどうでしょうか?

床から30センチは人が思っているよりも気温が上下します。床から1mくらい離したほうがいいです。例えばエアコンの温度を25℃にしていても床付近は18℃だったりします。

よく、デグーのケージを床に置いている方がいますが、あまり好ましくありません。どうしても床に置く場合、冷気がケージに回り込まないように、 段ボールなどで、下側を囲いましょう。

デグーに快適な部屋作り!部屋んぽもすぐできる!!

デグーは部屋んぽ(室内散歩)が必要!対策できる?

デグーは行動範囲が広い生き物です。ケージで常に暮らしていると運動不足やストレスがかかってしまいます。

理想は毎日ですが、週に2~3日は部屋んぽ(室内散歩)が必要です。

一人暮らしだと、部屋がワンルームだったりするので、充分な部屋の整理ができず、カーペットにもぐったりコンセントのコードをしまえず齧ったりして感電してしまうことがあります。

しっかりと部屋んぽできるように部屋をカスタマイズしましょう。

デグーの部屋んぽの注意点!散歩の頻度や方法、デグーが戻ってこなくならないように気を付けよう!

他の動物用のエサや床に落ちた食べかすに気を付けて!

一人暮らしですとワンルームが多いので、生活環境が重なり、人が食べていたカスなどが床に落ちてしまう可能性が高くなります。しっかりと掃除しましょう。

人間にとっては無害でもデグーにとっては危険な食べ物があります。誤って食べてしまい死んでしまう報告も受けています

基本的にはデグー用のチモシー(牧草)やペレットを与えてください。おやつとして、乾燥ニンジンやキャベツなどを与えることができますが、食べすぎには注意してください。

デグー(エキゾチックアニマル)の診てもらえる病院と行き方の確認!

デグーは エキゾチックアニマルに属し、まだあまり知れ渡っていないため、動物病院でもデグーを見てもらえない場合があります。

デグーを飼う際は近くにエキゾチックアニマルを診療してもらえる動物病院があるかどうか調べておきましょう。

また病院が遠いと緊急時に最悪命にかかわります。

また、車も持っていないと電車やバス、タクシーで向かうことになります。デグーや周りへの配慮もしなければならないので、どのように通うかのシミュレーションもしておきましょう!

デグーは大きい声でも鳴く!隣の家主への対策はできてる?

デグーは小さい声で 「 ピルピル(甘え鳴き)」をしたり、「ピーッ!(警戒時)」と大きな声で鳴いたりします。一軒家の場合は家族の同意を得てから飼育しましょう。

また、マンションやアパートでは、もちろんペット飼育OKのところで買うのはもちろん、壁の厚めの部屋に住みましょう!

【初めてのデグー】初期費用と最初に準備するもの!

デグーを初めて飼育するときって不安でいっぱいですよね!

今回はデグーを迎える前にかかった初期費用や最低限必要なものを「デグー初心者の方にもわかりやすい」ように画像を入れながらご紹介します♪

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

デグー飼育の初期費用

初期費用はあくまで最初にかかる値段です。お迎え後も維持費などがかかってきます

しっかりとお金を把握したうえでお迎えしましょう!

デグー飼育の初期費用

初期費用は30,000円前後!
(デグー自身の生体を含む)

きついことを言いますが、今この値段を見て一瞬でも飼うのをためらった方は、やめたほうがいいかと思います…。

飼育用品を購入するにはネットショップがおすすめ

飼育用品は近くのペットショップやネットショップで購入します。

私のおすすめは「charm(チャーム)」というペット用品専門のネットショップです!

charm 楽天市場店

チャームさん直通でも購入できますが、楽天経由のチャームで用品を買うと楽天ポイントも入りお得です。
(以下紹介している商品はほとんど楽天経由のチャームで購入できるものです。)

お迎え前に準備するものリスト

デグー自身

デグーについて

デグーの値段は、¥7,000~¥20,000

デグーは毛色の種類や、子供・大人デグーによる違いによって値段が違います。

一般的によく見る値段はだいたい¥10,000なので、今回は¥10,000で考えます。

デグーの寿命は種類によって違う?!種類による値段の差!

キャリーケース

デグーちゃんをお迎えに行くときや、病院へ連れて行くときに必要なものです。

ライトキャリーは下部がプラスチックでできていますが、網のすのこがついているので、プラスチック部分が齧られる心配がないのでとてもおすすめです。

また、お迎えに行くとき、デグーは知らない場所に連れていかれるので、極度に緊張します。少し落ち着かせるために、お休みカバーも購入しましょう。

※ライトキャリーSはカバーがないため、自作または代用品を使いましょう

ケージ

デグーを飼うときに必要なケージです。デグーは野生では岩場で暮らしており、岩場に深さ60cmくらいのトンネルを作り生活しています。

ですので飼育環境も同じく60cmくらいの高さがあるものが好ましいです。

ただし、巣はトンネルのような構造をしているため、高いところから落ちる構造ではありません。足場をしっかりと作る工夫をしましょう!

おススメはイージーホーム40ハイです。高さも62cmあり横幅も40cmなので、置きやすく、デグーにも快適に住んでもらえます。

三晃商会 SANKO イージーホーム 40 ハイ(435×500×620)

回し車

運動不足を解消するのに必須のアイテムです。デグーはハムスターよりも大きいため、デグーに見合うサイズの回し車を購入してくでさい。目安としては、大人デグーですと直径20cm以上の物が好ましいです。

また回し車で走りながら糞や尿をするので、金属製の物をおすすめします。

一番のおすすめは下記のメタルサイレント25です。ケージにもかけやすく、掃除もしやすいです。なおかつ走っていてもとっても静かです!

えさ箱(フィーダー)

えさ箱は、ケージにくっつけられるものが好ましいです。デグーはとっても動き回るので、えさ箱を固定しないと倒されてしまいます。

また、場合によっては足場としても使ったりするので、必ず固定できるものを選びましょう!

ペレット用エサ入れ(陶器製)

ペレットを入れる用の容器です。プラスチックだと倒してこぼしてしまうので、必ず陶器製を選んでくださいね!

大きすぎても邪魔になってしまうので、下記のハッピーディッシュコーナーSがおすすめです!^^

給水ボトル

給水ボトルは120ml以上の物を選びましょう!

私の場合、何度も破壊されたため、さまざまな給水ボトルを試してみましたが、今のところ下記の給水ボトルがおすすめです。

しっかりと固定できるのはもちろん、水のしたたりが少なく、給水口も頑丈にできてるのに飲みやすそうです!

床材

基本的にはペットシートで大丈夫かと思います。

デグーはトイレを覚えない(尿はマーキングにも使っている)のですが、だいたいお気に入りのトイレスポットがあります。

ペットシートのみだとそこばかりに尿がたまってしまうので、ペットシートの上に消臭砂(木製)を置くのがおすすめです。

GEX ヒノキア 消臭砂 7L トップブリーダー トイレ砂 ひのき

砂(お風呂の砂と容器)

デグーは砂で体を洗って余分な皮脂や汚れを落とします。

いろいろなペット用の巣場がありますが、砂のサイズが違うので、まずはデグー用の砂をご購入されたほうがいいかと思います^^

飼い主によってボトルを常に入れていたり、適宜設置したりと違いますが、スれいな砂は必須です!

ハンモック

ハンモックはデグーが休憩するうえでとても重要です。

人間と同じように柔らかい素材が好きなデグーが多いようです

リラックスして寝ている寝顔はまさに天使!デグーにもあなたにもwinwin!

巣箱

デグーが安心できるスペースをつくってあげましょう。驚いた時に隠れる場所があると、デグーは安心することができます。

いろいろな素材がありますが、木製なら、かじることもできるのでおすすめです!

また、いずれも遮光性のあるものを選びましょう。^^

川井 KAWAI ペットコテージ キューブM(165×165×150) 関東当日便

足場

デグーは上下運動が好きな動物です。上へ行ったり下へ行ったりするための足場を用意してあげましょう

チモシー

デグーにとって必需品の主食です!

基本的にデグーは牧草を中心に食べます。市販されているウサギ用の牧草は少し芯があり堅いので私のデグーはあまり食べません。

一番食いつきがいいのが下記のチモシーです!

ちょっとお値段は張りますが、他のデグー飼育者さんからも評判がいいですよ!

ペレット

デグーの補助食品です。様々なものがありますが、カロリーが高かったり、成分が違ったりします。飼っていく上でいろいろと試されたほうがいいかと思います!

どれを選べばいいかわからない!という方はまずは下記の物をご購入ください^^

おやつ

デグーのおやつです。ご褒美や部屋んぽ時の餌付け時に使用します!

デグーは糖尿病になりやすいため、あげすぎは禁物です!特にベジドロップは

特にベジドロップはデグーにとって大好物ですが、とても大きいので、1日1つにしてください!!

かじり木

デグーは気をかじって、歯の長さを調節したりストレスを解消します。かじりやすい木をケージに着けてあげましょう。

下記のかじり木コーンは足場にもなるのでおすすめです。^^

ペット用ヒーター

デグーを飼うのに必需品です。

冬場はエアコンをつけることが必須ですが、ケージの場所によっては冷える場所があります。デグーが寒いと思ったら自分で暖まれるようにしましょう!

また、夏も同様に、エアコンで涼しくなりすぎてしまったときの退避場所としても必要なので、できれば年中つけておくと安心です。

マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター M うさぎ 保温 関東当日便

はかり

デグーの体調管理時に必要です。

体重によって肥満かどうかのチェックや、急激な体重増減により病気が見つかる場合もありますので、必ず用意しておきましょう!

温度・湿度計

デグーは適温25℃湿度50%が好ましいといわれています。部屋の湿度温度を確認するために用意しましょう。

ちなみに私はタイマーサーモをおすすめしています。 温度や時間で電気や電源のON/OFFができます。少しお値段が張りますが、私はケージをカスタマイズしているので、大変役立っています!

GEX ジェックス タイマーサーモ RTT-1

エアコン

季節にもよりますが、エアコンは設置しておきましょう。扇風機ではだめです!エアコンです!風だけ送っても、熱中症や寒さにやられてしまいます!

エアコンをつけるのがもったいないならデグーは飼わないでくださいね^^

まとめ

以上、生体含め21点、合計¥40,000ほどとなりました。

タイマーサーモが高いので、もう少しだけ経費を落とされたい方は、タイマーサーモを減らしましょう!

高いと思うか安いと思うかは、あなた次第です!

一緒に読まれる記事

【デグー初心者】デグーの飼い方総まとめ!飼うときの注意点や準備するもの!

デグーになついてもらう7つの方法&なつかないデグーの接し方

デグーに噛まれた時の対処法。自分の応急処置の仕方

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

デグーの抱っこの仕方・やり方!抱っこの保定ができると病院で大活躍!