ケージの外に散乱するチモシー対策

ケージの外に散らかるチモシー対策

こんにちは! ナミです!

デグーのケージでよくあることが、ケージ周りにフンやチモシーが転がってしまうこと!さっき拾ったのに、またいっぱい落ちてる!!最初は気にしてなかったけど、毎回毎回拾っていると少しうんざりしてしまいますよね……

掃除機をかけるとデグーがビビるので、 コロコロを使ってこまめに掃除をしている方、多いのではないでしょうか?私もその一人でした。

できることなら、簡単に片づけたいし、できれば散乱してほしくないですよね。

実は、ケージにちょっとしたものをつけるだけでケージの外にチモシーが散るのを防ぐことができます!

デグーのチモシー散乱にお困りのあなたに、カバーの作成方法をご紹介します!

イージホーム40ハイのカバーが発売されました!

デグーのチモシー散乱対策01!樹脂ネットでガード!

最近では、ケージによっては専用のビニールカバーが販売されていたりしますが、まだまだ店舗になかったり、使っているケージとサイズが違って、設置できないんてことがありますよね><

じゃあ、自分で作っちゃえ!ってことです!

農業用ネットを使用するので、すごく細かいチモシーは落ちてしまうことがありますが、結構活躍します。

色々な方法がありますが、今回は私がおすすめする方法をご紹介します!

用意するもの

市販の農業用のネットを使い、フンや尿の飛び散りを防ぐことができます!

  • 農業用のネット
  • クラフト用針金
  • ハサミ

ホームセンターで見つけられない方はネットでご注文ください!

制作手順

まず、農業用ネットをケージの大きさに切ります。全面は開閉扉があるので、扉に合わせてカットしましょう。

これを4面すべて準備しましょう!

この時、ネットの大きさはケージの下の箱と網目の奥まで入る大きさで切りましょう!

次にケージのフックに重ならないようにカットします。↓図

ネットが切れたら、ケージとネットを固定しましょう!上部・中部。下部の3ヵ所ずつ固定すると比較的きれいに固定することができます!

これで完成です!

樹脂ネットの他の使い方

床の網に着けてデグーの足の負担を軽減したり、チモシーが網の下に落ちてしまうのを防ぐことができます。

ちなみに床の網にネットをつけると、フンまで下へ落ちなくなってしまうので、お気を付けください。

デグーのチモシー散乱対策02!プラスチック板をケージの溝に設置する!

もう1つの方法としてはプラスチック板を上記の網と同じようにカットして、ケージの溝に設置します!

少し見栄えが悪くなってしまったり、カットしにくい点が難点です。

ホームセンターの木材やアクリルパネルエリアにあります!

※アクリル板ではないので注意してください!アクリル板だとカットが大変です!

※また、サイズが小さいのですが、100均に売っている下敷きでも代替可能です。最近ですと、手芸用のエリアにプラ板が売っているので、そちらを利用してもいいかもしれません!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

ケージの掃除のしやすさや保温ができるカバーが1つあるととても便利ですよね!

また、自作することで、掃除のしやすさはもちろん、ケージの空気清浄にも手を加えることができる事をご紹介しました!

ぜひ、お使いください!


デグーのトイレ対策!トイレのしつけは可能?トイレは覚える?【部屋んぽのトイレ対策】

デグートイレ

こんにちはナミです!

ケージの中で走り回ったり、飼い主の肩や服の上を駆け回る姿が愛おしいデグー

そこで気になるのが服の上や床にするおしっこやうんちのトイレ問題。

部屋の中を散歩させたり、あなたの服でデグーが遊ぶのは嬉しいけど、おしっこやうんちをされて床や服やカーペットが汚れてしまうのは悲しいですよね。

できることなら、デグーにトイレを覚えてもらいたい!

実はデグーはトイレの位置を覚えません。しかしデグーはある程度自分のお気に入りのトイレエリアがあります。ある程度対策をすれば、トイレの位置を決めることがようになります。

今回は、デグーのトイレ位置や対策についてご紹介します!

デグーがトイレを覚えない理由

単刀直入に言うとデグーはトイレの場所を覚えません。

頭がいいと知られているデグーなのに、なぜトイレを覚えないのか。

これはデグーの習性にあります

デグーはおしっこをすることにより、おしっこをマーキングとして道しるべを作っています。デグーは紫外線を見ることができ、おしっこの紫外線を確認して行動しています。

もう一つは、デグーが怒っていて、これ以上かまうな!という意味でおしっこをかけたり、うれしすぎてうれしょんしてしまう場合です。

なので、デグーにとって悪気はなく、ただただ日常の行為なんです。

でも、ところかまわずトイレされるのは困りますよね><

デグーはある程度のしつけと対策でトイレの位置を決めたりすることができます。では以下で対処法をお伝えします!

デグーの散歩時のトイレ対策

前述しましたが、デグーはトイレを覚えません。 では、どのようにしたら快適な散歩をすることができるのでしょうか。

まずはデグーの散歩(部屋んぽ)時のトイレ対策をご紹介します。

デグーの部屋んぽの注意点!散歩の頻度や方法、デグーが戻ってこなくならないように気を付けよう!

1.散歩(部屋んぽ)の領域を狭める

まず1つ目に部屋んぽの範囲を限定させることがポイントです。

部屋んぽの範囲が決まることで、マーキング(位置情報)としてのおしっこの度合いが減ります。範囲を決めることで、カーペットの上に行かないようにしたり、棚の裏へ行ってしまったり、コードかじりなども防げるのでおすすめです。

↓おすすめペットガードはこちら↓

仕切る場合は市販のペットサークルがおすすめです。物によっては抜け出しやすいので、気をつけましょう。

2.ウッドチップなどのおしっこ吸収剤エリアを作る

デグーはトイレを覚えませんが、ウッドチップエリア作ったり、ペットシートを敷くと、しこでおしっこをしたりします。理由は分かっていません…

3.デグー用のバスタオルを床に敷く

比較的布系の素材の上ではデグーはおしっこをしないです。 デグー用のバスタオルを敷けば床は汚れないので、おしっこされてもバスタオルを洗うだけで済みます!

4.においの強い服を着ない

もう1つ。これは私の経験ですが、においの強い服を着ないようにすると効果的です。最近の柔軟剤はにおいが強く、デグーにも強いのか、ずっとにおいを嗅いできますし、おしっこもされました。

今まで私の服におしっこをはありませんでしたが、柔軟剤を多めに入れた服の時だけおしっこされました…。あまりにおいが強いと動物には悪影響なので控えましょう。

5.うんちの対策

残念ながらデグーは部屋んぽの中、うんちの場所を覚えません。見つけたら拾いましょう!

デグーの部屋んぽの注意点!散歩の頻度や方法、デグーが戻ってこなくならないように気を付けよう!

ケージの横から落ちるフンを何とかするには?

デグーがトイレをする場所(ケージ内)

デグーはトイレを覚えませんが、ある程度お気に入りのトイレエリアがあります。

デグーの個体によっても多少の違いはありますが、大体のデグーは、回し車と牧草入れの周りでおしっこやうんちをします。

  • 回し車の下
  • 牧草入れの周り

消臭機能のあるウッドチップを敷き詰めておくと、におい対策やトレイの汚れ対策になります。おすすめウッドチップはこちら↓

デグーのトイレのしつけ方法

デグーにとってマーキングは普通の行動です。

無理にしつけてしまうと、嫌われているのかと勘違いしてしまい、なつかなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

ではトイレのしつけ方法はどのように行えばよろしいでしょうか。

まず、手におしっこをかけれてしまう場合、理由が二つあります。

  • 無理に触ろうとしてデグーが怒ったとき
  • 飼い主が好きすぎてうれしょんしてしまったとき

デグーが怒っているときに手を出すと、8割がたおしっこをかけられます。これはしつけをするより、触るのをやめてあげましょう。人間も嫌がっているのに無理やり触られるのは不愉快ですよね。

うれしょん(嬉しくておしっこが出てしまう)のときも、なかなかしつけにくいです。生理現象ですからね…

もしやめてほしい場合は、おしっこをかけられた手をデグーに近づけて、やめてッと優しく言いましょう。

デグーは頭がいいので、「 服や手に おしっこやうんちをする」は嫌なことと学んでくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

デグーのおしっこの理由、トイレのしつけ方法がおわかりいただけたでしょうか。

デグーにとって、トイレは道しるべ。その生態を把握しつつデグーとよりよい関係を築いていきましょう!

デグーを飼い始める前に知っておくこと

ペットを飼うということはその子の生涯を共にするということです。
デグーだけでなく、他の動物や人間もいつかは年老いて死を迎えます。

くーちゃん
「可愛い!」だけでなく、その子の一生を見届けることがでる?
チィちゃん
病気になった時、 栄養補助食やトイレのお世話はできる?
くーちゃん
一緒に暮らしていく上で、光熱費がかかったりするのを知ってる?

今回は、デグーを飼うと決めた方に前もって知っておくことをご紹介します

デグーは暑さ寒さに弱い!夏、冬はエアコン代がかかる!その値段は?

デグーの生活で最適な湿度・温度

生活するうえでの適温は
気温25℃、湿度50%

デグーはアンデス山脈に住んでいますが、生活するうえでの適温は気温25℃、湿度50%と言われています。
なので、デグーにとって、日本の夏や冬はとても過酷な環境です。

日本では室内といっても夏は30℃、冬は10℃になります。

デグーを飼うということは、エアコンをつけっぱなしにするということです。

その年の寒暖にもよりますが、電気代は月¥10,000前後になります。

もしここで電気代がもったいない!などと思うなら、あなたはデグーを飼うべきではありません。
電気がもったいないと思うのであれば、自分の生活の方で我慢しましょう。それくらいの気持ちが無くてはいけません。

私は一人暮らしで、デグーを2匹飼っていますので、参考に私の電気代をご紹介します。
デグー部屋の広さ12畳(主の家事などの電気代も含まれています)

1年の電気代

  • 2月(01、03月)¥9,000~15,000前後
  • 5月(04、06月)¥4,000前後
  • 8月(07、09月) ¥9,000~12,000前後
  • 11月(10、12月)¥4,000~6,000

夏と冬のそれぞれ3か月はエアコンつけっぱなしです。

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

デグーを飼う部屋の環境は整っている?最低限のレイアウトとは?

デグーはニオイに敏感です。デグーのケージが汚いと掃除してとせかしてくるほどです。

デグーケージだけでなく、ケージが置かれている部屋の環境は整っていますか?
部屋の中で散歩をしたりするので、電気コードや食べかすが無いようにしないといけません。

ケージを置く部屋の環境

  • ケージの設置場所は寒暖差が起きない場所を選びましょう。
  • アロマを置かない
    (デグーではまだ伝わっていませんが、犬や猫にとってアロマは危険です。確かではありませんが、デグーのいる部屋に人工物であるアロマなどはおかないほうが得策です)
  • また、殺虫剤やたばこもデグーにとっては危険なので、やめましょう!
  • 他の動物がいる部屋はやめましょう
    (ただし、チンチラやモルモットは仲良くなる可能性があります。)
  • デグーのケージは床から30センチくらい上に設置しましょう

床から30センチは人が思っているよりも気温が上下します。床から1mくらい離しましょう。
例えばエアコンの温度を25℃にしていても床付近は18℃だったりします。

よく、デグーのケージを床に置いている方がいますが、あまり好ましくありません。
どうしても床に置く場合、冷気がケージに回り込まないように、 段ボールなどで、下側を囲いましょう。

デグーに快適な部屋作り!部屋んぽもすぐできる!!

デグーの部屋んぽの注意点!散歩の頻度や方法、デグーが戻ってこなくならないように気を付けよう!

デグーは横幅広く高いケージが必要!

デグーは野生では岩場に15~60cmの深さにトンネル状の穴をあけて暮らしています。
デグーのケージも高さが60cmくらいあるのが好ましいです。

ポイント

「イージーホーム40ハイ」など、60cmの高さのケージ内で2~4段ほどの階数を作ってあげましょう
※【イージーホーム40ハイについて】掃除もしやすく、初めてデグーを飼われる方にもおすすめです。

三晃商会 SANKO イージーホーム 40 ハイ(435×500×620)

他の動物用のエサは危険を伴う!

人口の甘味物(チョコレートやケーキ)、モモやびわなどのくだものはあげないでください。

デグーの餌は何がいい?デグーが食べてはいけない物・食べれるもの

ほかにも猫と同じように、玉ねぎやアボカドは与えないようにしましょう。上記の物はデグーにとってとても害となるものです。

基本的にはデグー用のチモシー(牧草)ペレットを与えましょう!
おやつとして、乾燥ニンジンやキャベツなどを与えることができますが、食べすぎには注意してください。

デグーのチモシー一覧│おすすめのチモシーは?

デグーのおすすめペレット一覧!

デグーのおやつ一覧おすすめのおやつは?

デグー(エキゾチックアニマル)の診てもらえる病院の確認をしよう!

デグーは エキゾチックアニマル(に属し、まだあまり知れ渡っていないため、動物病院でもデグーを見てもらえない場合があります。

デグーを飼う際は近くにエキゾチックアニマルを診療してもらえる動物病院があるかどうか調べておきましょう。

病院が遠いと緊急時、最悪命にかかわります。

出張時など、デグーを預けられる場所はあるか探そう!

自身の急な入院、出張などどうしても家を飼えないといけない時があります。

デグーは準備さえ整えておけば3日くらいはお留守番できますが、長期になってくるとそうはいきません。
いざ、必要な時に、預ける場所がないとなると困ってしまいます。

飼い始める前に、デグーのペットホテルがあるか、親戚や家族に預けることができるかも確認しておきましょう。

デグーの留守番!家を5日間空けるときの準備!帰省やペットホテルの探し方

デグーは大きい声でも鳴く!隣の家主への対策はできてる?

デグーは小さい声で 「 ピルピル(甘え鳴き)」をしたり、「ピーッ!(警戒時)」と大きな声で鳴いたりします。一軒家の場合は家族の同意を得てから飼育しましょう。

また、マンションやアパートでは、もちろんペット飼育OKのところで飼い、壁の厚めの部屋に住みましょう!

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

【29話】デグーを寝かしつけるときの鳴き声が可愛くてしょうがない!【デグー 飼育ブログ】

一緒に読まれている記事

【デグー初心者】デグーの飼い方総まとめ!飼うときの注意点や準備するもの!

デグーになついてもらう7つの方法&なつかないデグーの接し方

デグーに噛まれた時の対処法。自分の応急処置の仕方

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

デグーの抱っこの仕方・やり方!抱っこの保定ができると病院で大活躍!


デグーが臭い?本当の原因はこれ!3つの予防と対策│普段の掃除でにおいは取れる!

デグー臭い

こんにちはナミです!

デグーを飼っているとふとにおってくるデグーの臭い。

頻繁に掃除をしていてもいつの間にか、におってくることがありますよね。時にはデグーのケージ全体だったり、デグー自身からだったり。

小まめに掃除していても、におうときがありますが、どうしてでしょうか。

その理由として、ケージの金網の裏や側面に汚れが残っている場合があります。また、デグーの尿とチモシーが合わさることで、におったりもします。 要するに掃除がうまくできていないんですね!

普段の掃除でちょっと気をつけるだけでニオイを取ることができます !

ケージの横から落ちるフンを何とかするには?

におい撃退!3つの予防と対策

デグーは草食動物のためにおわないといわれる動物です。しかし、掃除の仕方が悪かったり、デグーが尿をかぶったままいると臭うことがあります。

デグーを飼っていると臭う理由が3つあります。

臭いの原因
  • ケージ全体が臭う
  • デグーが臭う
  • デグーのグッズが臭う

臭うパターンによって対処方法が違いますので、ご説明します

1.デグーのケージ全体が臭うときの対策

1.ケージ全体が臭うときの対策
  1. ケージ内のタオルは1~3日で換える
  2. ステージはこまめに拭く(木製は特に染み込みやすいので注意)
  3. 金網ケージの場合、底のメッシュは特に入念に拭く
  4. ケージ全体を月に一度は丸洗いする。
  5. ペット用換気扇をつける

デグーのケージ全体が臭う理由として、ケージに入れている布や木製のステージに尿が染みついている細部の掃除ができていない場合があげられます。

特に木製のステージは尿が染み込みやすく、気づかぬ間に汚れてしまいます。

またイージホームなど底がアミの場合、尿や尿によってふやけたフンがアミの裏で溜まります。ひっくり返して確認してみてください!べたべたしてませんか?

アミが2つあると、1つ洗っている間、もう一つのアミをケージに使うことができるので用意しましょう!

アミの下に敷く床材にでもニオイを防ぐことができます。3番刈りのチモシーのみを使っている方もいますが、消臭ペットシートや「ヒノキア」といった消臭チップを使うと臭いの軽減ができます。

ステージは普段は水拭き&乾拭きでまかなえますが、月に一度はしっかりと洗ってあげましょう!

歯ブラシで汚れを取り、天日干しするとニオイや汚れが取れます。汚れが付いた状態で長い間放置すると汚れが取れなくなってしまうので注意が必要です。

またケージも月に一度は丸洗いしましょう!イージーホームなどは金網と下のトレイの間に尿やフンが溜まりやすいです。普段見えにくいので、汚くても気づかない場合があります。

ケージの周りの空気の循環が悪いとほこりもたまりやすく、臭いの原因にもつながります。

デグーの換毛期時の毛も吸ってくれるので重宝します。

2.デグーが臭うときの対策

2.デグーが臭うときの対策
  1. 砂浴びをさせる
  2. デグーを拭いてあげる
  3. デグーを小動物用のパウダーのクシでといであげる

デグーの毛が汚れたときの3つの対処法

2つ目は「デグーが自身が臭う」という点です。理由として、自分の尿が体についていたり、体の汚れが取り切れていない場合が多いです。

ケージが汚いと、その汚れがデグーにつく場合があります。

また多数飼いをしていると、仲間の尿をかぶったりして毛についたままになってしまいます。

基本的には砂浴びで汚れを落とすことができますが、ひどい場合は濡れタオルで拭いてあげると汚れを落とすことができます。

また、オスのデグーは比較的肛門あたりが汚れやすいといいます。

デグーのトイレ対策!トイレのしつけは可能?トイレは覚える?【部屋んぽのトイレ対策】

パウダーはデグー専用というより小動物用のものとなっています。

私もパウダーを使っていますが、粉が細かいため、クシでといであげるか、砂浴びの際に軽く1プッシュほど入れてあげるとデグーの毛がきれいになります。

とてもおすすめです。

3.部屋全体が臭うときの対策

3.部屋全体が臭うときの対策
  1. こまめに換気をする
  2. 空気清浄機を設置する

最後の3つ目の点として「部屋全体が臭う」という点です。理由として、上記であげられたデグーのケージ全体が臭うため、部屋に充満している点があげられます。

まずはケージをしっかりと掃除してあげてください!

また、換気が換気が不十分な場合があります。また布製品はにおいを吸収しやすいです。(カーテンやソファなど)1日一回は部屋の換気を行いましょう!

もう1つあげられる点として、チモシーなどデグーのエサが部屋にそのまま置かれている場合があります。デグーの尿も放置することで臭いますが、チモシーも封を開けたままにしておくと部屋にニオイをまき散らします。

封を締めることで、チモシーの品質維持にもなります。

独り暮らしだったり、日中部屋にいないことが多いとなかなか換気ができないと思います。その場合は市販の空気清浄機を設置してもいいかもしれません。

ただし、根本的な原因をなくさないと臭いは消えません!

ペット用もありますが、私がおすすめなのはこちらの商品です。

臭いをなくしてくれるのはもちろん、PM2.5や花粉、ほこりなども吸い、徐加湿機能があり、風量やナイトモードもあるので寝室にも使えます。

ダイキン工業 ストリーマ空気清浄機 (ホワイト) MC55W-W

デグーやケージが臭う5つの理由

臭う5つの理由
  1. 掃除が行き届いていない
  2. ケージ内の空気の循環が悪い
  3. ケージのステージや手入れのしにくい場所に汚れが溜まっている
  4. デグー自身の尿が体についている
  5. 砂浴びでしっかりと体を洗えてない

デグーの毛が汚れたときの3つの対処法

デグーのトイレ対策!トイレのしつけは可能?トイレは覚える?【部屋んぽのトイレ対策】

どれを買えばいいか迷っている方におすすめ商品5品!

ダイキン工業 ストリーマ空気清浄機 (ホワイト) MC55W-W

まとめ

いかがでしたでしょうか。デグーが臭う原因はいくつかあげられますが、一番の理由は掃除が行き届いていないことです!

ケージ全体が臭うときの対策
  1. ケージ内のタオルは1~3日で換える
  2. ステージはこまめに拭く
  3. ケージ全体を月に一度は丸洗いする。
  4. ペット用換気扇をつける
デグーが臭うときの対策
  1. 砂浴びをさせる
  2. デグーを拭いてあげる
  3. デグーを小動物用のパウダーのクシでといであげる
部屋全体が臭うときの対策
  1. こまめに換気をする
  2. 空気清浄機を設置する

デグーの暑さ対策!夏に必要なグッズ!

こんにちはナミです!

暑くなる季節。人間も暑いですよね>< それはデグーも一緒で日本の暑さに非常に弱いです。帰ってきたらデグーが熱中症で死んでしまった。何てこと絶対になくしたいですよね。

あなたの普段のちょっとした行動とお金で、デグーの身を安全にすることができるんです!

あなたが帰った時に、元気な姿でお出迎えしてくれるデグーをみたいのなら、本文を読んで、健やかな毎日を送れるようにしましょう!

デグーの防寒対策!冬に必要なモノ!低体温症にならないようにするためには!

デグーの暑さ対策

夏のデグー部屋に用意する必需品グッズ

  • エアコン
  • 石の保冷床
  • アルミ製の遊具
  • 毛布
  • ウサ暖

以下、理由をご説明します!

◆エアコン

夏場は必ずエアコンをつけるようにしましょう!

部屋を閉じ切っていると、気温が大変上昇します。デグーが熱中症にならないように予防が大切です。

◆石の保冷床・アルミ製の遊具

デグーが自分で涼しさを調節できるように、ペット用の保冷グッズが必要です。

保冷グッズには石でできたものやアルミ製のものがあります。デグーによって好みが違うので、いろいろと試してみましょう!

◆ウサ暖

夏なのになぜ?と思われる方がいらっしゃるかっもしれませんが、夏もウサ暖があるといいです。

理由は、エアコンなどによって室内が涼しすぎたときに、デグーが体を温められるようにするためです。

デグーは寒すぎてもよくない動物です。適温は25℃前後と言われています。

デグー自身が自分で体温を保てるようにしましょう!

マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター M

風通しのいい部屋にする

デグーのいる部屋は風通しがよく、直射日光が当たらない部屋にしましょう!

ケージの場所によっては、暑さがこもってしまう場合があります。

しっかりと確認しましょう!

ケージの位置で暑さも変わる

床から1mくらいの場所は気温の変化が大きいです。

エアコンで適温を設定していても、ケージを床に直接置いていると、エアコンの温度の-+3度変わってきます。

ケージは床から1mくらい高い位置に設置しましょう!

保冷剤や凍ったポットボトルは使っても大丈夫?

保冷剤や凍ったペットボトルを使う場合がケージの外に設置しましょう!

保冷材をケージ内に入れておくと、誤ってかじってしまい、命を落としてしまう可能性があります。

また、凍ったペットボトルは低温すぎるため、デグーが直接触らないようにしましょう。

保冷剤や凍ったポットボトルを使うのは問題ありませんが、かといってエアコンを使用しなくてよいということにはなりません。

保冷剤や凍ったペットボトルでは保冷に限界があります!

必ず、エアコンも使用しましょう!

もし、デグーの調子が悪くなったら

もし、デグーがぐでんとしていたり、震えていたら迷わず、かかりつけの病院へ行きましょう!

熱中症や他の病気になっている恐れがあります!

変に自己判断せずに、お医者さんを頼りましょう!

↓今回ご紹介した商品はこちら↓

マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター M

ケージの横から落ちるフンを何とかするには?

こんにちはナミです!

デグーのケージでよくあることが、ケージ周りにフンが転がってしまうこと!さっき拾ったのに、またいっぱい落ちてる!!最初は気にしてなかったけど、毎回毎回拾っていると少しうんざりしてしまいますよね

フン自体は多くもないし、掃除機をかけるとデグーがビビるし、堅さもコロコロしているので、軽くつまんで捨てている方、多いのではないでしょうか?私もその一人でした。

できることなら、簡単に片づけたいし、できれば散乱してほしくないですよね。

実は、ケージにちょっとしたものをつけるだけでフンやおしっこの飛び散りを防ぐことができるんですよ!

デグーのフンやおしっこの飛び散りにお困りのあなたに、カバーの作成方法をご紹介します!

デグーのうんち対策!樹脂ネットでガード!

最近では、ケージによっては専用のビニールカバーが販売されていたりしますが、まだまだ店舗になかったり、使っているケージとサイズが違って、設置できないんてことがありますよね><

じゃあ、自分で作っちゃえ!ってことです!

色々な方法がありますが、今回は私がおすすめする方法をご紹介します!

用意するもの

市販の農業用のネットを使い、フンや尿の飛び散りを防ぐことができます!

  • 農業用のネット
  • クラフト用針金
  • ハサミ

ホームセンターで見つけられない方はネットでご注文ください!

制作手順

まず、農業用ネットをケージの大きさに切ります。全面は開閉扉があるので、扉に合わせてカットしましょう。

これを4面すべて準備しましょう!

この時、ネットの大きさはケージの下の箱と網目の奥まで入る大きさで切りましょう!

次にケージのフックに重ならないようにカットします。↓図

ネットが切れたら、ケージとネットを固定しましょう!上部・中部。下部の3ヵ所ずつ固定すると比較的きれいに固定することができます!

樹脂ネットの他の使い方

床の網に着けてデグーの足の負担を軽減したり、チモシーが網の下に落ちてしまうのを防ぐことができます。

ちなみに床の網にネットをつけると、フンまで下へ落ちなくなってしまうので、お気を付けください。

他の方法!専用カバーを購入する!

イージーホーム40ハイと37ハイに専用のカバーが発売されました!!(
2019/03現在 )

このカバーは、

  • ケージにカバーをかけると掃除がとても楽になる
  • ケージに外気を直接当てなくてすむ

利点があります!今回は自作の方法をご紹介なので、よろしければ、カバー用の記事をご覧ください!

詳しくはこちら↓

イージホーム40ハイのカバーが発売されました!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

ケージの掃除のしやすさや保温ができるカバーが1つあるととても便利ですよね!

また、自作することで、掃除のしやすさはもちろん、ケージの空気清浄にも手を加えることができる事をご紹介しました!

ぜひ、お使いください!

デグーに快適な部屋作り!部屋んぽもすぐできる!!

こんにちはナミです!

デグーはアンデス山脈に住んでいて岩場に60cmの深い穴を掘って暮らしています。アンデス山脈は冬は0℃、夏は40℃と過酷な環境ですが、穴の中は、さほど温度差がありません。

なのでデグーは生活するうえでの適温は気温25℃、湿度50%と言われています。

ということは、デグーにとって日本の夏、冬はとても過酷なことがわかります。

いくら室内といっても夏は30℃、冬は10℃になりますよね。

ではデグーに快適な部屋の環境は他にどのようなことがあげられるのでしょうか?

デグーは暑さ寒さに弱い!夏と冬はエアコンをつけたままにしましょう!

適温25℃のデグーを飼うということは、要するに真夏・真冬はエアコンをつけっぱなしにするということです。

もしここで電気代がもったいない!とか、地球温暖化が…とか思うなら、あなたはデグーを飼うべきではありません。

勿論、電気がもったいない、地球温暖化に全く関係ないとは言い切れませんが、もしもったいないと思うなら、自分の生活の方で我慢しましょう。それくらいの気持ちが無くてはいけません。

ちなみに、私は一人暮らしで、デグーを2匹飼っていますので、参考に私の電気代をご紹介します。

デグー部屋の広さ12畳(主の家事などの電気代も含まれています)

電気代の参考

2月(01、03月)¥9,000~15,000前後

5月(04、06月)¥4,000前後

8月(07、09月) ¥9,000~12,000前後

11月(10、12月)¥4,000~6,000

夏と冬のそれぞれ3か月はエアコンつけっぱなしです。その年の寒暖にもよりますが、だいたい¥10,000前後になります。

デグーを飼っている部屋のニオイは大丈夫?

デグーはにおいに敏感です。デグーのケージが汚いと掃除してとせかしてくるほどです。

デグーケージだけでなく、ケージが置かれている部屋の環境はどうでしょうか?

人間には害がなくても、動物には害のあるニオイがあります。あなたの部屋は大丈夫?

ニオイチェック項目
  • デグーのお部屋の掃除はちゃんとしていますか?
  • アロマを置かない(デグーではまだ伝わっていませんが、犬や猫にとってアロマは危険です。確かではありませんが、デグーのいる部屋に人工物であるアロマなどはおかないほうが得策です)
  • 殺虫剤をまかない
  • たばこを吸わない

デグーの部屋は床から1m以上離しましょう!寒暖差のない場所選びましょう!

デグーは野生では岩場に15~60cmの深さにトンネル状の穴をあけて暮らしています。穴の中では寒暖差はあまり激しくありません。

ケージの設置場所
  • 直射日光の当たらない日当たりのいい場所に設置しましょう
  • ケージの設置場所は寒暖差が起きない場所を選びましょう。
  • ドアの近くは避けましょう(開閉により寒暖差が生じます)
  • エアコンの真下は避けましょう
  • 床から50cmは人が思っているよりも気温が上下します。床から1mくらい離したほうがいいです。例えばエアコンの温度を25℃にしていても床付近は18℃だったりします。

よく、デグーのケージを床に置いている方がいますが、寒暖差があり、好ましくありません。どうしても床に置く場合、冷気がケージに回り込まないように、 段ボールなどで、下側を囲いましょう。

静かな場所を選びましょう

外の騒音やほかのペットの鳴き声、話し声、物音が常にすると、デグーはストレスが溜まってしまいます。

また、慣れない音にびっくりして1時間以上、警戒音を発してしまう可能性もあり、体にも負担がかかります。

程よい生活音のする場所を選びましょう!

他の動物を飼っている場合の対処法!

  • 猫や犬など他の動物を飼っている場合は部屋に入らないように柵をするか、そもそも入れないようにしましょう
  • ただし、チンチラやモルモットは仲良くなる可能性があります。(野生ではチンチラネズミとデグーは同じ環境で共に生活していたりします)

デグーのケージを掃除する方法!グッズのお手入れ!

こんにちはナミです!

デグーと暮らしていく上で必要不可欠な掃除!

  • デグーのケージやグッズの掃除はどれくらいの頻度で行うの?
  • どんなふうにきれいにすればいいの?
  • 掃除に便利なものってある?

今回は、そんな疑問を解決いきます!

掃除をする場所

掃除する場所は全部で7か所です!

  • エサ入れ(陶器)
  • エサ入れ(牧草用)
  • 給水ボトル
  • ステージ
  • ケージの受け皿
  • 回し車
  • 保温マット

10か所以下なので、掃除する場所さえ押さえてしまえばこっちの物です!

掃除をする頻度

では、掃除をする頻度ですが、場所によって毎日しなくてもいい箇所があります。

毎日掃除をする場所(3か所)
  • エサ入れ(陶器)
  • エサ入れ(牧草用)
  • 給水ボトル
2~3日に1度、掃除をする場所(4か所)
  • ステージ
  • ケージの受け皿
  • 回し車
  • 保温マット

エサ入れや給水ボトルなど、デグーが口をつける場所は毎日掃除しましょう!

ステージや回し車などは2~3日に1度で大丈夫です!

デグーは尿によってマーキングしますので、毎日きれいにするとニオイがなくなり、落ち着かなくなってしまいます^^

ちょっとひとこと
ケージの隅や回し車付近は尿などで汚れがこびりつくので、見落とさないようにしっかりと掃除をしましょう!

掃除をする前に用意するもの

掃除をする前に用意するものは、合計6つです!

掃除で用意するもの
  • キャリーケースと少量のおやつ
  • 濡れタオル(またはウェットティッシュ)
  • 掃除用の歯ブラシ
  • 雑菌消臭剤(ペット用が好ましいです)
  • ケージの受け皿に敷く床材
  • エサ(牧草とペレット)

掃除用品のほかにも、掃除した後にすぐに設置できるように床材やエサを準備しておきましょう!

デグーが長時間キャリーケースにいると少なからずストレスがかかってしまいます!

いかに素早くきれいに掃除できるかが腕の見せ所です!

掃除の仕方・時間

掃除の時間は全部こなすとだいたい長くて30分くらいです。

汚れのつき具合にもよりますが、デグーの快適ライフのためにしっかりときれいにしてあげましょう^^

1.デグーをキャリーケースに移動しよう!

掃除の準備ができたら、まずデグーをおやつの入れたキャリーケースに移動しましょう!

掃除の準備ができたら、まずデグーをおやつの入れたキャリーケースに移動しましょう!

デグーがケージにいる中で、掃除をすると逃げ出したり、その際誤って踏んでしまったり思わぬ事故につながります。また時間もかかってしまいます。

掃除中はおやつがもらえる!とデグーにわかってもらえると、キャリーケース内でも掃除が終わるまで待っててくれます。

ちなみに私のデグーの場合、キャリーケースを掃除しているケージの近くにおいています。するとじっとこちらを見つめてきて、終わりがわかってくると鳴いてきます!

2.食器と給水ボトルを回収し、洗おう!

食器と給水ボトルは毎日洗いましょう!

デグーが毎日口をつけます!

食器は、濡れタオルで拭いた後、からぶきして水気をとりエサをえれましょう!

給水ボトルは歯ブラシでボトルの奥までしっかりと洗いましょう。給水口も水洗いし、きれいな水を補充しましょう!

設置する際は、給水口から水が出ることを必ず確認しましょう!!!!!!

3.ステージや回し車、保温マットを掃除しよう!

ステージや回し車、保存マットなどは、デグーがおしっこをよくするので、汚れがこびりつきます。入念に掃除しましょう。

ステージは木製が多いです。まずは、表面の汚れやカスを取り除きます。

濡れタオルで水拭きをします。

回し車や保温マットも同様に行いましょう!回し車は網目だったり、プラスチックの溝があるので、そこに尿がたまります。

濡れタオルで汚れやにおいが取れなかったら
汚れやにおいがひどい場合ははぶらしと除菌消臭剤を使用して掃除しましょう。
また洗ったと天日干しすることで、においをおさえることができます。

4.ケージの受け皿を掃除しよう!

最後に、ケージの受け皿を掃除しましょう!

最初に掃除してしまうと後でステージなどを掃除した際にせっかくきれいにしたケージの受け皿にフンなどが落ちてしまいます!

ケージに敷いていたものはすべて捨てましょう!新聞紙を敷いている方もいるかもしれませんが、意外と汚くなっていますので!!

すべて捨てたら、濡れタオルで一度拭きましょう!

そのあとにからぶきをし、しっかりと水拭きをしてから床材を設置しましょう!

ステージの位置は元の位置へ

掃除したステージや回し車などはできるだけ同じ位置に戻しましょう。

ニオイがなくなっていて落ち着かないのに、道具の位置まで変わってしまうとデグーが戸惑ってしまいます^^

頑固な汚れをとるには

汚れやにおいがひどい場合ははずらしと除菌消臭剤を使用して掃除しましょう。
また洗ったと天日干しすることで、においをおさえることができます。

メタルサイレントなどの網目状の回し車などは拭きにくいし、洗いにくかったりします。歯ブラシでこすると飛び散ったりしてしまう><

そんな時は大きく深い容器にお湯と中性洗剤混ぜて溜め、その中で歯ブラシでこすってみてください!

そのあとはしっかり水洗いし、天日干しをしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そこまで大変でもないかと思います!

デグーとあなたが快適な生活を送れますように^^

デグーを迎えたら!飼育初日から1週間の対応!

あなたは、きっとこれまでデグーに関する知識をたくさん得てきてくれたかと思います!
では、実際にデグーをお迎えした時にどのような対応をしていけばいいのか具体的にお伝えしていきますね!

あなたがもし知らない土地に一人で連れて来られたら怖いですよね。
デグーも一緒です!
急に触ったり、接したりすると恐怖のほうが大きくなってしまいます

ここからあなたとデグーの生活がスタートします!よりよい関係を築けるように慎重な行動をしましょう!

徐々にデグーとの距離を縮めていけるような方法をご紹介します。

デグーを迎えるまでにする3つのこと。(当日)

ペットショップやブリーダーの方からデグーを飼うと決意したら、まず飼育用品の準備をしましょう。そして、ケージを置く場所などしっかりと決めたうえでお迎えに行きましょう。

【初めてのデグー】初期費用と最初に準備するもの!

デグーを迎える前に3つの事を準備しましょう!

デグーを迎える前の3つの準備

  • 飼育用品の組み立て
  • ケージの置く場所の環境を整える
  • 数日間は家で様子を見れるように予定を空けておく

1|飼育用品の組み立て

まずはデグーのケージを組み立てます。
デグーを迎えた後に、ケージを組み立てたりがさごそしていると、デグーにストレスがかかってしまいます。

ケージを組み立て、ハンモックや足場を設置した状態にしておきましょう。

【初めてのデグー】初期費用と最初に準備するもの!

2|ケージを置く場所を決定しておく

デグーは、頭がいい反面、とてもデリケートです。

お迎えをした後に、ケージの位置を何度も変えると、ストレスがかかってしまいます。

ケージを設置する場所

  • 他の動物がいない
  • 直射日光の当たらない日差しの明るい部屋
  • アロマやたばこのにおいがしない
  • 寒暖差の少ない場所(エアコンの真下など厳禁)
  • 床から1mほど高い位置

↓デグーを飼い始める前にしていてほしいことはこちら↓

デグーを飼い始める前に知っておくこと

3|数日間は家にいれるように予定をたてましょう!

デグーを迎えてから4~7日は何かあった時に対応できるように、予定を空けて家にいましょう。

数日間は特に世話に気を使わなければなりません!体調の変化の気づきやトラブルの回避につながります。

お迎えにいくときに必要なもの【2つ】

デグーを迎えに行く前にケージなどの準備ができたら、次はお迎えに行くときに必要なものを準備します

お迎えに行くときに必要なものは2つです。忘れずに持っていきましょう。

お迎え時必要なもの

  • キャリーケース(&カバー)
  • ハンドタオル

1|キャリーケースとカバー

お店によっては昆虫採取用のプラケースに入れてくれる場合もありますが、キャリーケースは自分で用意して持っていきましょう。

また、デグーちゃんは環境の変化でストレスがかかってしまうので、カバーも持っていくと、よりいいかと思います。

このキャリーケースは外側から給水ボトルを設置することもできます。

2|ハンドタオル

キャリーケースに入れておくタオルです。
キャリーケースにデグーちゃんを移動させた後、ケージ内に何もないとデグーの隠れる場所がなく、怖がってしまいます。

隠れる場所かつ保温できるようにハンドタオルを入れておきましょう。

迎えに行った先でお願いすること

デグーを迎えに行った際、ブリーダーの方やショップ店員さんに1つお願いしましょう!

デグーの暮らしていた場所のにおいのついた床材を少し分けてもらいましょう!

ほとんどの場合快く分けてもらえます!においのついた床材を入れておくことでデグーを安心させる事ができます。

デグーを家のケージに迎え入れたら

デグーを家のケージに迎え入れたら(初日)

初日のポイント!

デグーをケージへ移し、遠くから見守る

購入先でもらった床材などを、ケージの床材に混ぜ合わせておきます。

デグーを迎えたら、まず新しい環境に慣れさせることを優先させましょう!
デグーは人と信頼関係を結ぶことができますが、周りの環境もわかっていない状態では心を開くことさえ難しいです。人間もそうですよね!

ケージには布等はかぶせず、ケージの中はもちろん、ケージの外もデグーから見えるようにしましょう!

騒がしすぎない程度の日常生活を送りながら、遠くから優しく見守ってあげてください。

デグーを迎え入れたら(2~3日)

2~3日:ポイント

デグーに触らず、 えさや飲み水、床材の交換を手早く行いましょう。

慣れてくるとだんだんとケージ内を動き回ったり、回し車で走ったりします。
すぐに近づくと、ストレスがかかってしまうので、まだ辛抱しましょう。

デグーを迎え入れたら(4~6日)

4~6日:ポイント

ケージの中で動き回るようになったら、近くで本を読んだり、そばに座って、人に慣れさせましょう。

エサをあげるときに名前を呼んだりすると、少しずつ警戒心が薄れていきます。!
そのうち「この人は危ない人じゃない」と認識してくれます。

デグーを迎え入れたら(7日~)

7日以降のポイント

最初はおやつを手のひらに乗せてケージの中に入れて食べてくれるのを待つとよいです!何度か繰り返すと、手への警戒も薄れ、次第に食べてくれます。

人を、必要以上に警戒しなくなり、ケージ内を走ったり、ご飯を食べたり、鳴いたりするようになったら、環境に慣れてきた証拠です。

徐々に仲良くなっていきましょう。

デグーの性格は様々なのを忘れないで

最後に、デグーは人間同様、様々な性格の子がいます。

今回は一般的に言われている、慣れ始めるであろう日数をまとめました。

しかし、人懐っこい子はすぐに近づいてきますし、臆病な子は時間がかかります。私も1匹(最初の子)はすぐになつきましたが、2匹目は1か月くらい時間がかかりました。

デグーのその子の特徴を見て、接してあげてください^^