デグーの病気の種類と症状|原因と予防方法

デグーの病気とその症状、予防策

生きているなら一度は経験するであろう病気。

ペットを飼うのであれば、病気についてもしっかりと把握していなければなりません。

  • もしもの時の応急処置はできますか?
  • ぐったりしていたらどうしますか?
  • 動物病院は調べていますか?

ペットを飼う前に必ず調べておきましょう!

デグーが病気やケガをしたときは想像以上に飼い主も焦って適切な判断ができません

前もってどのような病気があるか把握しておきましょう。

デグーに比較的多い病気

  • 不正咬合
  • 糖尿病
  • 脱毛症
  • ペニス脱
  • 骨折
  • 真菌症
  • 糖尿病
  • 熱中症/低体温症
  • しっぽの切断・皮膚の抜け落ち
  • 下痢
  • 肥満
  • 白内障

デグーに異変があったら。病院へ行く前に行うこと

特に小動物は、自分の体調不良を隠します。これは自然界で生き残るための本能ですが、命にかかわることもあります。

もし異変を感じたら以下のことメモして、病院へ行きましょう。

病院へ行く前のチェック項目

  • いつから異変があるか
  • どのような状況で起こったか(けがをした場合)
  • ケガをしている場合、デグーが傷を気にしているか
  • うんちの大きさや量、形はいつもとどれだけ違うか
  • 尿の色や質などの状態チェック
  • チモシーは食べるか
  • チモシーを食べない場合、おやつなど好きなものは食べるか
  • 水は飲めているか
  • 動きは普段とどのように違うか
  • 病院へ連れていける体力があるか

尿やうんちは可能であれば、新鮮なものを採取し、一緒に病院へ持っていくといいです。

変に自分で解決せず、異常があったら速やかに病院へ行きましょう

病院は 営業時間・予約制がありますので、事前にしっかりと調べておきましょう

もし連れていける体力がない場合は一度病院へ電話し、連れていける状態かお医者さんの指示を仰ぎましょう

ただし電話はあくまで一時しのぎという場合です。病院も忙しいです。電話での相談を受け付けていないところもたくさんありますし、実際に診察しないとわからないこともたくさんあるので、その場で答えていただけない場合もあります

普段からデグーの健康状態をチェックする

普段からデグーの健康チェックを行うことで、いち早く症状に気づくことができます。

デグーの健康チェック!6つの項目でデグーに健康に過ごしてもらう!

デグーに起こりうる病気一覧

こちらにまとめているのはデグーの病気のすべてではありません。

デグーはまだ飼育されるようになってから日が浅く、原因の不明な病気もたくさんあります。

こちらではデグーが比較的なりやすい病気と、現在知られている病気の一部をまとめています。

この症状がでたから、必ずこれだ!というものではありません。あくまで参考にお使いください。

歯(口)

不正咬合(切歯・臼歯)

症状エサをうまく食べられなかったり、水がうまく飲めなくなったり、よだれで口の周りが汚れます。その汚れを拭くために前足で口元をこするようなしぐさをしたりします。また給水ボトルからの水が飲みにくくなったり、旨く食べられないことにより、痩せていきます。
原因 金網ケージなどをかじり続けることで歯がゆがんでしまったり、柔らかいエサばかり食べ続けるとで起こったりします。また、落下時に着地がうまくいかず、顔を打ってしまうことで発症するときもあります。
予防ケージをかじらせないように工夫しましょう。ケージをかじってしまう場合は、ケージに木製のフェンスをつけたり、かじり木をたくさん設置しましょう。臼歯の場合は、牧草などの繊維のある食べ物を与え、臼歯をしっかりと使うようにしましょう。
ケージの中はデグーが高いところから落下しても大丈夫なように段差を作り衝撃が和らぐようなレイアウトを目指しましょう。

デグーのケージかじりを防止!3つの対策方法!

デグーのチモシー一覧

仮性歯牙腫-かせいしがしゅ-

症状鼻水やくしゃみを出すようになります。また、花や口の周りを気にするようなしぐさがみられることもあります。うまく呼吸ができないので、空気を飲み込みすぎてしまい、お腹にガスがたまることもあります。
原因 何らかの衝撃をうけたり、歯が折れたりすると、歯が正常に伸びず、歯の根っこ部分が硬いこぶのようになってしまいます。その影響により、上部にある鼻腔をふさいでしまい、気道が狭くなり、最悪の場合呼吸困難から死に至ることがあります。
予防不正咬合と同様に、ケージ噛みをさせないようにしたり、高所から落下しないようにケージのレイアウトを工夫しましょう!

デグーのケージかじりを防止!3つの対策方法!

デグーのかじり木一覧

白内障

症状目が白く濁っているように見えます。徐々に進行していき、進行すると水晶体全体が白くなり、目が見えなくなってしまいます。
原因 原因は「①加齢②糖尿病③遺伝性」の3つがあげられます。
予防①加齢:加齢による白内障の予防方法はありません。
②糖尿病:普段の食生活を注意することで糖尿病を予防することができます。
③遺伝性:一般的に白内障がある個体は繁殖に使用されないことが多いですが、時として、遺伝で発症してしまうことがあります。発症してしまった場合は病院の先生と相談をしましょう。

デグーのエサは何がいい?デグーが食べられるもの、食べてはいけない物

デグーのチモシー一覧

結膜炎

症状粘り気のある涙や目やにがでたり、目やにで目が開きにくくなったりする
原因 原因は「①喧嘩で目に傷がつく②砂などが目に入りこすって傷がつくなどがあげられます。
予防砂浴びは、飼い主が見ているときにしたり、デグー専用の砂を使って砂浴びをさせたり、牧草や木材も定期的に掃除しましょう。

デグーの砂浴びは必要?デグーのお風呂は常設派?砂浴びの頻度や方法

鼻炎

症状鼻水やくしゃみが出ます。初期はサラサラしていますが、徐々に粘り気のある鼻水が出ます。
原因 細菌感染やウイルスによって起こったり、牧草の粉や砂の粒子でも鼻水が出ます。刺激が繰り返し続くことにより鼻炎の原因にもなったりします。
予防ほこりっぽい環境にならないようにしましょう。砂によってはくしゃみが頻繁に出る場合もありますので、デグー用の砂を使用しましょう。

デグーの砂浴びは必要?デグーのお風呂は常設派?砂浴びの頻度や方法

内臓や分泌系(体の中)

肺炎

症状早くて荒い呼吸。呼吸時に咳をする。食欲不振や元気がなくなります。
原因 幼体や老体、体力が落ちている状態で不適切な環境にさらされると発症しやすくなります。
予防温度管理に注意しましょう。不衛生な環境をつくらないようにし、ほこりが溜まらないように小まめにケージを掃除しましょう。

糖尿病

症状糖尿病は築きにくい病気を言われています。水の量が増えたり、尿の量が増える痩せてくる症状がみられるといわれています。
原因 血糖値をさげるホルモンが正常に働かなくなるため糖尿病になります。
予防 糖質は生き物にとって必要な栄養素ですが、過剰な量の糖質をあげないようにしましょう。もともとデグーは草食動物なので、エサのメインはチモシーです。糖質の多いおやつなどは特別な時に使用しましょう。

デグーのチモシー一覧

また現在では「デグーは糖尿病になりやすい動物」とはいえないのではないかといわれています。

肥満(病気ではありませんが、リスクを伴います)

原因 摂取エネルギーよりも消費エネルギーが低いと肥満の原因になります。
予防適切な食事と運動をさせてあげましょう。特におやつは高カロリーなものが多いで、量や質を気にして与えましょう。

※こちらよくある事例のため、後日詳細記載します!

食滞

症状食欲がなくなり、その症状が続き痩せていきます。うんちの量が減ったり、小さくなります。ガスが溜まりお腹が膨れたりもします。
原因 何かの原因で消化管の働きが鈍り、消化管の中にエサが溜まってしまうことで引き起こされます。
予防 消化管の働きが鈍る理由は様々ですが、消化不良や水分不足、運動不足があげられます。普段からデグーの様子を観察して違和感がないかチェックしましょう。

下痢

症状軟便から、水のようなうんち、血便などが見られます。肛門周辺が汚れることもあり、下痢が続くと脱水症状になる危険があります。
原因 様々な理由がありますが、細菌やウイルスからの感染、ストレスやデグーに合わない食事などが原因として挙げられます。
予防寒暖差の激しくない環境にし、適切な食事を与えましょう。
また複数飼いの場合、下痢をしたデグーがいたらケージを引き離し、飼育用品を共有しないようにしましょう。

便秘

症状便が出なかったり、出にくい状態の事を指します。形が小さかったり、排便時に時間がかかり痛がる症状がみられます。
原因 水分不足による便秘や、異物を食べてしまうことによる腸閉塞によって引き起こされます。
予防十分な牧草と繊維質の多い食事を与えてください。適切な環境を維持しましょう。

腫瘍

症状腫瘍や種類によってさまざまですが、皮膚に近い部分であるならしこりに気づきやすいです。元気がなく、やせたりもします。
原因 環境や遺伝、高齢など原因はさまざまです。
予防日々の健康チェックで早期発見につとめましょう。

デグーの健康チェック!どこを見ればいい?

皮膚

脱毛症

症状皮膚が見えるほど毛の一部や体の大きい部分で毛が抜けてしまう。
原因 ホルモンバランスの異常や代謝異常、栄養バランスの悪化、皮膚炎、ストレスから起こったりします。
予防温度や湿度、日照時間を適切な状態にしましょう。また栄養も偏らせすぎないように。

真菌症

症状感染すると起こる脱毛が円形の場合が多い。脱毛、怪我薄くなったり、フケが出たりします。鼻・耳・足周りに見られることが多いです。
原因 真菌(カビの一種)の感染によって起こる。
予防衛生的な環境を整えましょう。
※怪しいと思ったら病院へ行きましょう!治療は自己判断で辞めないようにしてください!

外傷(外部からの原因)

噛み傷

症状出血をしたり傷があります。腫れることもあり、触ると痛がることがあります。
原因 デグー同士がけんかをした際に強い力で噛みつかれると出血する場合があります。
予防相性がよくないデグー同士が同じケージ内にいたり、近くにいたりする場合は引き離しましょう。また、デグーは普段穏やかな生き物ですが、ストレスが溜まったりすると自傷行為をしてしまう危険があるので、気をつけましょう。

尾抜け・尾切れ

症状<尾抜け・尾切れ>骨と皮下組織がむき出し状態になること。
<尾切れ>切れた尾の骨までとれる
原因 天敵に捕まりそうになったり、無理に捕まえようと尻尾をつかんだとき。意図せず用具に引っかかってしまったときなど
予防デグーを触ったり、抱き上げるときは尻尾をつかまないようにしましょう。
また、部屋んぽをしているときはデグーがどこにいるかしっかりと把握しましょう。立ち上がったときや座ったときに誤って踏んでしまう可能性があります。

骨折

症状手や足を骨折した場合、手足を浮かせて歩いたり、引きずったりします。痛みで動けないため、普段よりじっとしていることが多くなります。
原因 ケージの高いところからちび降りた衝撃だったり、落下、デグーを持ったまま歩いている最中に落としてしまう。部屋んぽ中に踏んでしまうことがあります。
予防ケージのレイアウトはデグーが落下しないように段差を適度につけましょう。また部屋んぽ中はデグーがどこにいるか常に把握し、立った状態でデグーを登らせないようにしましょう。

熱中症 低体温症

症状<熱中症>耳が赤くなり、よだれが多くなったり、呼吸がうまくできない。
<低体温症>手足や体が冷えます心拍数が低くなり、意識を失う場合も。
原因 <熱中症>温度や湿度が高く、風通しの悪い環境でおこります。
<低体温症> 寒かったり、温度が急激に下がったり、体が濡れている状態が続くと体温を維持できなくなり低体温症になります。特に未発達である幼いデグーや機能が衰える高齢デグーには注意が必要です。
予防適切な温度を保って飼育をしましょう。デグーの適温は温度25℃前後、湿度50%前後が最適と言われています。

→応急処置(coming soon…)

その他

ペニス脱

症状ペニスが出たままになってしまう状態です。放置していると変色したり、壊死してしまいます。また出たままですとデグーが気にしてしまい、かじってしまいます。
原因 ペニスが生理現象で包皮から出ている状態で被毛などがからまってしまったり、ペニスが出ている時間が長く、乾燥してしまう、腫れてしまうことで戻らなくなります。
予防予防は難しいと言われています。普段から気にすることでいち早く異変に気付くことができます。

自咬症

症状自分で皮膚をかじり出血したりします。
原因 多くの場合はストレスが原因です。他のデグーをかじったりもします。
予防ケージが狭く退屈ではないか、運動不足やコミュニケーションを寄っているかなど常にデグーの様子を観察しましょう。

普段からデグーの体調を観察し、デグーが健康で過ごせるように心がけましょう。

デグーの飼育本!デグー飼い主なら必ず購入する!

デグーの飼育本_飼い方_病気_しつけなど

デグーを迎える時、あなたはネットでいろいろな情報を検索されたかと思います!

もちろん、飼う前にネットで調べることは大変好ましいことですが、

ネットは全ての情報が正しいとは限らず、また情報が古いモノもあります!

ネットの情報はその点を踏まえて読みましょう!

また、デグーを飼うのであれば、

デグーの飼育本を1冊は手元に持っていましょう!

ネット情報と本の情報を合わせることで、より知識を深めることができます♪

日本で販売されているデグーの飼い方の本はこの3冊しかない!

デグーの飼育本は日本では3冊のみしか存在しません!

デグーはまだ日本に来て日が浅く、飼い方やデグーの健康、病気の情報は、日々新しい情報が生まれています。

本でしっかりと基礎と専門知識を覚え、ネットでは基本知識と本では知ることのできない最新の情報(ケージのカスタマイズや最新商品)を得るようにするといいでしょう!

デグーの飼育本の基本内容

  • デグーの生態
  • デグーの飼い方の基本
  • デグー飼育の注意点
  • ケガや病気について
  • 老デグーの対応
くーちゃん
デグーの本って今は3冊あるけど、それぞれどんな特徴があるのかな?!

飼育本01:\オススメ/ 【デグー 飼育バイブル】

デグーの飼育本の最新版です!2020年1月に発売されたばかりで、デグーについての最新情報を知ることができます。

写真やイラストが適度に差し込まれており、とても読みやすいです!

また、説明と同じページに注意点や解決策も一緒に載っているので、ページを行ったり来たりせずに重要な情報を得ることができます♪

くーちゃん
デグーを取り扱っていることで有名な「フィールドガーデン」の茂木さんへのインタビューも載ってるよ♪

飼育本02:情報が豊富!【デグー完全飼育】

他の2冊に比べると、イラストや写真は少なめですが、情報量がとても多い飼育本です!

基本的なデグーの飼い方に加え、 以下の情報も情報が満載です!

  • デグーの野生での生活
  • 海外のデグー本の紹介
  • デグーの病気の一覧も豊富

私は、全てのデグー飼育本を持っていますが、困ったときに一番役立つので重宝しています!

飼育本03:イラストが可愛くて読みやすい!
【はじめてのデグーの育て方 】

デグーを実際に飼っている方のインタビューが特徴的な本です。

はじめてのデグーの育て方

デグーの生態や飼育方法、デグーがかかる主な病気がまとめられています。

どちらかというと実体験が多いですが、基礎的なことはしっかりと記載されています。

気軽にデグーについて知るのであれば、こちらの飼育本が読みやすいと思います!

1冊持ってるだけで十分?

どの本もデグーの飼い方についてしっかりと記載されているので、どれか1冊あれば十分です。

しかし、デグーは日本で飼育され始めてからまだ日が浅い動物です。

デグーの飼い方は日々新しい情報が出てきていますので今後新しいデグーの飼育本が発売されたら、随時購入していくとデグーによってよりよい生活が送れます♪

一緒に読まれている記事

\みんなが読んでるデグー飼育マニュアル/

【デグー初心者】デグーの飼い方総まとめ!飼うときの注意点や準備するもの!

デグーの生活についてもっと知るならこちらもおすすめ!

デグーを迎えたら!飼育初日から1週間の対応!

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

【初めてのデグー】初期費用と最初に準備するもの!

デグーを飼い始める前に知っておくこと

デグーの正しい砂浴び!健康に気を付けるなら常設するべき?

デグーの砂浴び

デグーが大好きな「砂浴び」!そもそも砂浴びは何のために行うのでしょうか?

今回はデグーの砂浴びの必要性や設置場所や頻度、注意点などをご紹介します!

数名の獣医さんにもデグーに最適な砂の種類や砂を置く場所などをお伺いしてしてみましたので、その内容をふまえてご紹介します。

砂浴びは普段の汚れを落とす行為

デグーにとっての砂浴びはヒトでいうお風呂のような存在

砂浴びは体の皮脂やごみやほこり、毛についた尿などの汚れを落とすために行います。

デグー自身はあまり臭わず、汚れることが少ない生き物ですが、ついた汚れがそのまま流れていくわけではありません!

また、砂浴びはデグーの遊び場でもあり、ゴロゴロしたり、穴を掘ったりとストレス解消にもなる場所です!

適度に砂浴びをさせてあげましょう!

デグーの毛が汚れたときの3つの対処法

砂浴びは毎日必要?頻度と砂の交換時期

飼育下のデグーは毎日砂浴びをしなくても大丈夫です!

砂浴びの頻度はだいたい3~6日に一度

野生のデグーは土など汚れが付きやすいですが、飼育下のデグーは比較的汚れが付きにくいです。

砂自体は3~5回使ったら新しいのに交換しましょう。デグーのストレス軽減と健康につながります!

砂浴びのしかた

砂浴びの手順

  1. 砂浴び用の容器を用意しましょう!
  2. 砂の量はだいたい1cm積もるくらい容器に入れましょう!
  3. デグーを誘導して砂浴びさせましょう!
  4. くしゃみを連発していたり、目をこすっていないか注意しましょう

砂の容器はデグー専用の容器もありますが、100均や果実酒用の瓶などで代用することができます。なるべくデグーの2倍はある大きさの容器を使いましょう!

初めてデグーを飼育される方

砂浴び容器はケージの外もしくは飼い主が見てるときにケージの中において砂浴びさせましょう

常設はいいの?設置場所について

ケージに容器を常設する点についてはメリットデメリットがあり、個体によっても向き・不向きがあります。

常設のメリット

  • デグーの好きな時に砂浴びができる
  • ストレス解消になる

常設のデメリット

  • フンが溜まりやすい
  • ペレットを隠してしまい、砂のついたエサを食べてしまう
  • 砂を食べてしまう

デグーによっては砂浴び用の砂を食べてしまう子もいるそうです。

基本的にはもし食べてしまってもそのまま排出されますが、時に腸閉塞などを引き起こす原因にもなりうるので、注意が必要です。

獣医さんに砂浴びについて伺いました。その返答をまとめましたのでご覧ください。

砂を食べてしまう子も少なからずいるとは聞いています。(実際に出会たことはないです)少量であれば、多くの場合そのまま排泄されます。砂浴び自体はストレスや、細かい汚れを取るのに必要なのでできれば砂浴びはやったほうがいいです。だたし、砂を食べてしまう子はケージ内に砂浴び容器を入れたままにせず、砂浴びさせる時だけ、飼い主が見ながら行うことが好ましいです。

また細かい砂(チンチラ用)などを使うと、目に砂が入りやすく、結膜炎などになる可能性があるので、デグー用の砂を使ったほうがいいです。

獣医さんからの返答

また、デグーを飼っている方が、他の病院でデグーの砂浴びについて質問され、返答を教えてくださいましたので、ご紹介いたします。

本日別件で動物病院に行った際「砂浴びの砂を飲み込む危険」について聞きました。結論から言うとそういう例はあるそうです。レントゲンに映ることもしばしばあるが多くは排泄される程度で問題はないようですが。またこれら砂浴び自体はストレス解消に必要であり砂を好んで食べてしまうような場合を除き問題はないだろうともおっしゃっていました。なので砂浴びの砂をケージに常置せず、飼い主観察の元させるのがいいだろうとのこと。無論食べてしまうような場合はさせない方がいいかもですが、個別に相談、対応が必要かも。は砂浴びというよりその際に砂を意識的に食べること(異食)で起こるようです。

なお腸閉塞になった場合も開腹手術は難しく(体が小さく負担も大きい)、薬で排泄を促すしかないようです。またデグーはペットとして歴史の浅いこともありわからないことも多く、いろいろな異食(食べてはいけないものを食べてしまう)は起こりうるようです。ぎんのすけはティッシュ食べてしまいますし

MUGIさんからの情報提供

デグーの砂浴びに適している砂

砂浴び用の砂はたくさんの種類があります。砂の種類によって細かさが違います。

ペットの種類によって砂も変える必要があるので気をつけましょう!

デグー専用の砂を使おう!

デグーの砂浴びの砂は、砂浜にあるような比較的ざらざらな砂がいいと、ある獣医さんに教えていただきました。

デグー専用の砂が販売されているので、なにか理由がなければ「デグーサンド」を使用しましょう。

砂浜や公園の砂もざらざらはしているのですが、衛生的によろしくないので、砂浴びには使用しないでください。

細かい砂だと目に入る恐れがある

チンチラ用の細かい砂なども販売されているのですが、デグーのような小さい個体だと、砂との距離が近く、目に入ってしまう可能性があるそうです。

目に入った砂を出すために目をこすってしまい、結膜炎などを引き起こしてしまう可能性があります。

絶対にダメではありませんが、できればデグー専用の砂を使用したほうがいいです。

デグーの毛が汚れたときの3つの対処法

砂浴びに必要なものは2つ!

砂は上述しているようにデグー専用の砂が販売されているので、そちらを使用することをおすすめします。

細かすぎる砂はデグーの目にはいったり、砂ぼこりがまってしまい、くしゃみが止まらなくなる場合もあります。

容器

容器も砂遊び専用の容器がありますが、こちらは少しコンパクトにできているため、100均のプラスチックケースや酒造用の大き目のビンを使うとデグーもストレスなく砂浴びすることができます!

デグーの性格に合わせて砂浴びしましょう!

デグーにも性格があります。

「他のデグー飼いさんは毎日砂浴びさせてるから自分もさせなきゃ!」と必ずしも同じにする必要はありません。

「砂を食べてしまう子」「砂浴び容器の中にフンやおしっこをする子」「容器におやつを隠してしまう子」「砂浴びしない子」「ずっと砂浴びしている子」などいろいろな子がいます。

「砂を食べてしまう子」は目を離さないように砂浴びさせたり、「ずっと砂浴びしている子」は目に砂が入らないようにしたり砂浴びの時間を決めたりとその子の行動や性格によって砂浴びのしかたを変えるのがベストです!

一緒に読まれる記事

\みんなが読んでるデグー飼育マニュアル/

【デグー初心者】デグーの飼い方総まとめ!飼うときの注意点や準備するもの!

デグーの飼育で気を付けたいこと!

デグーの毛が汚れたときの3つの対処法

デグーの飼育本!デグー飼い主なら必ず購入する!

デグーを飼い始める前に知っておくこと

ペットを飼うということはその子の生涯を共にするということです。
デグーだけでなく、他の動物や人間もいつかは年老いて死を迎えます。

くーちゃん
「可愛い!」だけでなく、その子の一生を見届けることがでる?
チィちゃん
病気になった時、 栄養補助食やトイレのお世話はできる?
くーちゃん
一緒に暮らしていく上で、光熱費がかかったりするのを知ってる?

今回は、デグーを飼うと決めた方に前もって知っておくことをご紹介します

デグーは暑さ寒さに弱い!夏、冬はエアコン代がかかる!その値段は?

デグーの生活で最適な湿度・温度

生活するうえでの適温は
気温25℃、湿度50%

デグーはアンデス山脈に住んでいますが、生活するうえでの適温は気温25℃、湿度50%と言われています。
なので、デグーにとって、日本の夏や冬はとても過酷な環境です。

日本では室内といっても夏は30℃、冬は10℃になります。

デグーを飼うということは、エアコンをつけっぱなしにするということです。

その年の寒暖にもよりますが、電気代は月¥10,000前後になります。

もしここで電気代がもったいない!などと思うなら、あなたはデグーを飼うべきではありません。
電気がもったいないと思うのであれば、自分の生活の方で我慢しましょう。それくらいの気持ちが無くてはいけません。

私は一人暮らしで、デグーを2匹飼っていますので、参考に私の電気代をご紹介します。
デグー部屋の広さ12畳(主の家事などの電気代も含まれています)

1年の電気代

  • 2月(01、03月)¥9,000~15,000前後
  • 5月(04、06月)¥4,000前後
  • 8月(07、09月) ¥9,000~12,000前後
  • 11月(10、12月)¥4,000~6,000

夏と冬のそれぞれ3か月はエアコンつけっぱなしです。

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

デグーを飼う部屋の環境は整っている?最低限のレイアウトとは?

デグーはニオイに敏感です。デグーのケージが汚いと掃除してとせかしてくるほどです。

デグーケージだけでなく、ケージが置かれている部屋の環境は整っていますか?
部屋の中で散歩をしたりするので、電気コードや食べかすが無いようにしないといけません。

ケージを置く部屋の環境

  • ケージの設置場所は寒暖差が起きない場所を選びましょう。
  • アロマを置かない
    (デグーではまだ伝わっていませんが、犬や猫にとってアロマは危険です。確かではありませんが、デグーのいる部屋に人工物であるアロマなどはおかないほうが得策です)
  • また、殺虫剤やたばこもデグーにとっては危険なので、やめましょう!
  • 他の動物がいる部屋はやめましょう
    (ただし、チンチラやモルモットは仲良くなる可能性があります。)
  • デグーのケージは床から30センチくらい上に設置しましょう

床から30センチは人が思っているよりも気温が上下します。床から1mくらい離しましょう。
例えばエアコンの温度を25℃にしていても床付近は18℃だったりします。

よく、デグーのケージを床に置いている方がいますが、あまり好ましくありません。
どうしても床に置く場合、冷気がケージに回り込まないように、 段ボールなどで、下側を囲いましょう。

デグーに快適な部屋作り!部屋んぽもすぐできる!!

デグーの部屋んぽの注意点!散歩の頻度や方法、デグーが戻ってこなくならないように気を付けよう!

デグーは横幅広く高いケージが必要!

デグーは野生では岩場に15~60cmの深さにトンネル状の穴をあけて暮らしています。
デグーのケージも高さが60cmくらいあるのが好ましいです。

ポイント

「イージーホーム40ハイ」など、60cmの高さのケージ内で2~4段ほどの階数を作ってあげましょう
※【イージーホーム40ハイについて】掃除もしやすく、初めてデグーを飼われる方にもおすすめです。

三晃商会 SANKO イージーホーム 40 ハイ(435×500×620)

他の動物用のエサは危険を伴う!

人口の甘味物(チョコレートやケーキ)、モモやびわなどのくだものはあげないでください。

デグーの餌は何がいい?デグーが食べてはいけない物・食べれるもの

ほかにも猫と同じように、玉ねぎやアボカドは与えないようにしましょう。上記の物はデグーにとってとても害となるものです。

基本的にはデグー用のチモシー(牧草)ペレットを与えましょう!
おやつとして、乾燥ニンジンやキャベツなどを与えることができますが、食べすぎには注意してください。

デグーのチモシー一覧│おすすめのチモシーは?

デグーのおすすめペレット一覧!

デグーのおやつ一覧おすすめのおやつは?

デグー(エキゾチックアニマル)の診てもらえる病院の確認をしよう!

デグーは エキゾチックアニマル(に属し、まだあまり知れ渡っていないため、動物病院でもデグーを見てもらえない場合があります。

デグーを飼う際は近くにエキゾチックアニマルを診療してもらえる動物病院があるかどうか調べておきましょう。

病院が遠いと緊急時、最悪命にかかわります。

出張時など、デグーを預けられる場所はあるか探そう!

自身の急な入院、出張などどうしても家を飼えないといけない時があります。

デグーは準備さえ整えておけば3日くらいはお留守番できますが、長期になってくるとそうはいきません。
いざ、必要な時に、預ける場所がないとなると困ってしまいます。

飼い始める前に、デグーのペットホテルがあるか、親戚や家族に預けることができるかも確認しておきましょう。

デグーの留守番!家を5日間空けるときの準備!帰省やペットホテルの探し方

デグーは大きい声でも鳴く!隣の家主への対策はできてる?

デグーは小さい声で 「 ピルピル(甘え鳴き)」をしたり、「ピーッ!(警戒時)」と大きな声で鳴いたりします。一軒家の場合は家族の同意を得てから飼育しましょう。

また、マンションやアパートでは、もちろんペット飼育OKのところで飼い、壁の厚めの部屋に住みましょう!

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

【29話】デグーを寝かしつけるときの鳴き声が可愛くてしょうがない!【デグー 飼育ブログ】

一緒に読まれている記事

【デグー初心者】デグーの飼い方総まとめ!飼うときの注意点や準備するもの!

デグーになついてもらう7つの方法&なつかないデグーの接し方

デグーに噛まれた時の対処法。自分の応急処置の仕方

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

デグーの抱っこの仕方・やり方!抱っこの保定ができると病院で大活躍!


給水ボトル比較!使いやすいおすすめ3選!!

こんにちはナミです!

デグーにも人間にも必要不可欠のお水!給水ボトルでも様々な会社から出ていて、様々なものがあります。ありすぎて一体どれを選べばいいの?

給水ボトルの留め具を壊されて使い物にならなくなったり、お水が出にくかったりすると命にかかわりますし、不安ですよね

できることなら、ちゃんとしたものをつけたい!
実は、給水ボトルの種類によって壊れにくかったり、設置がしやすかったり、
掃除しやすかったりするんです!

可愛いデグーの健康のために給水ボトルに悩んでるあなた!デグーが飲みやすく、掃除のしやすい給水ボトルをご紹介します!

給水ボトルおすすめ3選!

第1位! マルカン 小動物用給水機 エコボトル ミニ

第1位は「マルカン 小動物用給水品 エコボトル ミニ」です!デグーの飲みやすさはもちろんの事、容器も洗いやすく、素材もしっかりしているので、あまり齧られず、しっかりと固定できます!

他の給水品に比べて、素材が硬く、壊れにくいです!

メリット

  • 素材がしっかりしているので、留め具をあまり齧られない
  • ぐらつきがなく安定して設置できる
  • ケージに設置しやすい
  • 容量が大きい
  • ボトル口が大きく、洗いやすい
  • 水滴が滴れない

デメリット

  • 飲んでいるとき、若干音がでかい

第2位! マルカン ウォーターボトル フラット

第2位は「マルカン ウォーターボトル フラット」です!

1位のエコボトルに比べると、若干機能面で衰えます。留め具のねじ部分が柔らかいので、変形しやすく、ボトル部分もだいぶ柔らかいです。

飲んでいるときに音が小さいことと、サイズが2種類あるので比較的おすすめです。

メリット

  • ぐらつきがなく安定して設置できる
  • ケージに設置しやすい
  • 容量が大きいのと小さいのと2種類ある
  • 飲んでいるとき、若干静か
  • デグーにちょうどいいコンパクトサイズ

デメリット

  • 材質が柔らかいので、留め具が壊れやすい
  • ボトル口が小さく、洗いにくい
  • デグーに留め具を齧られやすい

第3位! 三晃商会 SANKO マルチボトル 80cc

第2位は「三晃商会 SANKO マルチボトル 80cc」です!

この商品が他の給水ボトルと違うところは、給水ボトルを吊り下げることも可能という点です!

また、ケージを開けなくても、外から留め具を固定することができます!

1、2位の給水ボトルと比較すると、メリットより、デメリットのほうが少し目立ってしまいます。

メリット

  • 吊り下げて使うことができる
  • 容量が大きい
  • ケージの外から留め具を設置できる

デメリット

  • 材質が柔らかいので、壊れやすい
  • ボトル口が小さく、洗いにくい
  • デグーに留め具を齧られやすい
  • ぐらつきがある(ボトルが滑る)
  • たまに水が滴ってしまう。

給水の種類

小動物の給水方法は2種類あります。

受け皿で給水

受け皿で給水されている方も少数ですがいらっしゃいます。

受け皿のメリットとして、

  • 不正咬合の予防
  • 野生本来の給水の仕方ができる

点があげられます。

デメリットとしては、

  • カバーがなく、水が常に空気に触れるので、汚くなりやすい
  • デグーが受け皿を倒してしまう
  • 口元はが濡れてしまう

点があげられます。

一時期、私も受け皿を使用していましたが、やはり、デグーがお皿をひっくり返してしまうのと、お水にチモシーやほこりが入ってしまい、清潔感が失われてしまったので、あまりおすすめしません。

給水ボトルで給水

小動物を飼われている方ではおなじみの給水ボトルタイプです。

ボトルをケージの外に設置し、飲み口だけケージ内で飲めるようにしたものです。

50mlから300ml容量と幅広い種類があります。

メリットとしては、

  • お水が汚れにくい
  • たっぷり保管できる
  • 設置が簡単

点があげられます。

デメリットとしては、

  • 個体によっては飲み口からうまくのめず、不正咬合になる可能性がある
  • 留め具を齧られやすい
  • モノによって水滴がたれやすい

点があげられます。

さまざまな給水ボトルを使用しましたが、デグーの使いやすさ、洗いやすさ、強度などを踏まえたうえでおすすめの給水ボトルをご紹介します!

まとめ

給水ボトルのおすすめ3選をご紹介しましたが、私はやっぱり1位のエコボトルがダントツの使いやすさだと思います。

もし、給水ボトルを買い替える機会がありましたら、ぜひご検討ください!

デグーといるときに鼻や腕、顔がムズムズする。それってアレルギーかも!

デグーと一緒にいるとなぜか「鼻や目がかゆくなる」「デグーが腕や肩などを通った後、みみず腫れができる」などの症状が出ませんか?

私もデグーと遊んだ後、腕や肩などデグーが直接触れたところにみみず腫れができてしまい、とても痒い経験をしたことがあります。めちゃくちゃ痒いですよね

実は、このかゆみは、デグーにまつわる何かのアレルギーに反応している可能性が高いです!どんなアレルギーに反応しているのかは、人により違いますが、だいたい3種類の分類に分けられます!

犬や猫のアレルギーはよく知られていますが、デグーなどの小動物のアレルギーもあるんです!

大好きなデグーとこれからも一緒に暮らしていきたいですよね!そのためには自分がどんなアレルギーを持っているのか把握すると、対処法が見えてきますよ!

デグーに関係するアレルギーは大きく分けて4つ!

そもそもアレルギーとは何なのでしょうか?

アレルギーとは、体の免疫細胞が、最近やウイルス以外にも、食べ物や花粉など
体に無害な物にも過剰に反応してしまい、「手や足のかゆみや蕁麻疹、くしゃみやぜんそく」などを引き起こしてしまう症状を指します。

1.刺激によるアレルギー

デグーが腕や肩などを通った後にできるあとは蕁麻疹の可能性が高いです。
デグーの尖った細い爪で皮膚を刺激れると皮膚が炎症を起こしてしまいます。

この時、皮膚では外から体を守るため、ヒスタミンが皮膚の毛細血管に作用し、血液成分が血管の外へと漏れ出します。このため、皮膚にみみず腫れや蕁麻疹が生じてしまいます。

2.牧草によるアレルギー

デグーの主食であるチモシーはイネ科の植物です。
スギやヒノキのアレルギーは有名ですが、イネ科アレルギーの方も多くいます。

デグーが食べたチモシーに体が反応している場合があります。
私自身もイネ科アレルギーで、チモシーの種類によって、くしゃみや咳が止まらない事があります。

3.ほこりやハウスダウトなどによるアレルギー

デグーのケージ周りのほこりやカビ、ダニの死骸といったいわゆるハウスダストのアレルギーです。

ハウスダストアレルギーの特徴として「鼻炎・気管支喘息・アトピー性皮膚炎・気管支喘息」などがあげられます。

4.動物(デグー)アレルギー

4つ目の可能性として、動物アレルギーの可能性があります。

デグーの「毛・フン・尿・唾液」などが、目や鼻などから体内に入るとアレルギー症状を引き起こします。

アレルギー症状としては、「鼻炎・気管支喘息・蕁麻疹・結膜炎」などを引き起こし、最悪の場合、呼吸困難や重度の蕁麻疹などアナフィラキシーショックを起こしてしまいます。

自分がアレルギー持ちなのか検査し、把握する

もし、デグーと一緒にいるときに上記のようなアレルギー反応が出た場合は、一度アレルギーの検査ができる病院(内科または耳鼻科)にいき、検査をしましょう。

病院によって、検査項目が若干違うので、事前に確認しておきましょう。

一般的には、花粉(スギ・カモガヤ・ヒノキ・イネ)や動物、ハウスダストを調べることができます。

アレルギー対策

もし何かしらのアレルギーがあった場合、デグーとの付き合い方を工夫する必要があります。

デグーと遊ぶ時の服装

デグーと遊ぶ時は、ハイネックや長袖、長ズボンなど、デグーが直接触れないようにしましょう!

空気清浄機の設置

ハウスダストや動物アレルギーの場合、部屋の空気をきれいにすることで、症状を和らげることができます。

人によって反応の度合いはそれぞれですが、私には高い効果が発揮されました。

掃除は手袋をして、なおかつこまめに行いましょう!

デグーに関係するアレルギーをお持ちの場合、掃除でアレルギー反応が出やすいです。

掃除をする際はゴム手袋やマスクをして、体にアレルギーとなる物質が入らないように心がけましょう!

また、こまめに掃除することで、清潔感が保たれ、ハウスダストの予防にもなります。

無理をしすぎないで><

アレルギーの反応は人によって軽度・重度と差が大きいです。
お薬を飲んだり、掃除の工夫をしたりしても、限界がある場合があります。

無理にアレルギーを我慢しすぎると、アナフィラキシーショックを起こし命の危険を伴います。せっかく一緒に暮らしていた大好きなデグーとのお別れは辛いかと思いますが、他の飼い主さんを探すという選択肢もあります。

アレルギーであまり遊んであげられないと、デグーちゃんもかわいそうです。
デグーとあなた、お互いの幸せのために何が最善なのか判断していきましょう。

デグーの毛が汚れたときの3つの対処法

普段デグーは自分で砂風呂で体を洗いますよね!しかし、多数飼いをしていると、他のデグーのおしっこが大量にかかってしまったり、部屋んぽでほこりまみれになってしまうときがありますよね……

デグー自身も気にしてるけど、デグーを水で洗えないし、どうしたらいいのと疑問に思ってしまうことも多々。

できることなら、砂風呂でとれなかった汚れもきれいにしてあげたいですよね。

もし、デグーに普段つかない汚れがついてしまって困った場合の方法をご紹介します

デグーの毛の汚れを落とす!3つの方法

01. 簡単な汚れは砂浴びで取る

デグーは水が苦手です。体が汚くなると、砂で余分な皮脂や汚れを落とします。

またデグー同士のグルーミングにより、清潔感を保って生活しています。
そのため、体が油まみれになったり、ほこりが付きっぱなしになったりすることはめったにありません。

02.砂浴びで落としきれない頑固な汚れがついたときは濡れタオルで拭く

飼育下でデグーの身体が汚くなってしまう理由は下記があげられます

デグーの身体が汚くなってしまう理由

  • 多数飼いで、ケージの上にいるデグーにおしっこを浴びせられた
  • 設置している毛布に汚れがこびりついている
  • 部屋んぽ中に部屋の隅でほこりまみれになってしまった

厄介なのが、他のデグーに大量に尿をつけられた時です。少量であれば、砂風呂で補えますが、大量にかかるとにおいも汚れもきつくなり、なかなか落とせません。

方法としては、軽くしっとりさせた濡れタオルでデグーを拭いてあげましょう。
あまり濡れすぎるとデグーが嫌がってしまいますので、注意してください。

汚れが取れたら、乾いたタオルで再度必ず拭いてあげましょう!

03.小動物用のパウダーを砂浴び用の砂に混ぜる

デグーの毛の汚れを取る対策として、普段の砂浴びにちょっとひと手間加えるだけで、デグーの毛をきれいに保つことができます!

うさぎやモルモットなど小動物の毛を整えるときに使用するパウダーなのですが、こちらのパウダーをデグーの砂に少しだけ混ぜると、デグーの毛がさらさらになります!

デグーで使用している方はあまり見ませんが…。

ちなみに私の家のデグーちゃんたちはこのパウダーを入れないとあまり砂浴びしてくれません(-_-;)

入れすぎると、デグーがくしゃびを連発してしまい、気管にもよろしくないと思うので、軽く1プッシュくらいがちょうどいいかと思います!

↓ブラシもあると便利なので、こちらもおすすめです!↓

デグーの防寒対策!冬に必要なモノ!低体温症にならないようにするためには!

こんにちはナミです!

寒くなる季節。人間も寒いですよね!それはデグーも一緒で日本の寒さに非常に弱いです。帰ってきたらデグーが寒さで死んでしまった。何てこと絶対になくしたいですよね。

あなたの普段のちょっとした行動とお金で、デグーの身を安全にすることができるんです!

あなたが帰宅した時に、元気な姿でお出迎えしてくれるデグーを毎日見るためにも冬支度をして健やかな毎日を送れるようにしましょう!

デグーの暑さ対策!夏に必要なグッズ!

デグーの寒さ対策

冬のデグー部屋に用意する必需品グッズ

デグーの冬に必要なモノ
  • エアコン
  • 毛布
  • ペット用暖房器具(うさ暖など)

エアコン

冬場は必ずエアコンをつけるようにしましょう!

部屋を閉じ切っていても、外気が寒いと部屋の温度も下がってしまいます。デグーは寒さにも弱い生き物です。必ずエアコンはつけましょう!

毛布

デグーが自分で体温調節する際に必要なグッズです。

またデグーも柔らかい素材で寝るのが好きなので、数か所に毛布を設置してあげましょう!

(※爪が引っ掛かりにくい素材を選びましょう!)

ペット用の暖房器具(ケージ内)

マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーターM 関東当日便

毛布同様にデグーが自分で、体温調節をする際に必要となるグッズです。

おすすめはうさ暖です。かじってもなかなか削れない素材でできており、掃除もしやすいのが特徴です。

ペット用の暖房器具があるからと言って、エアコンはつけなくてよいというわけではありません。エアコンで気温のメインを調節しつつ、カバーできないことをうさ暖などで補うのが一番理想です!

エアコンの設定は高すぎないようにする

寒いからといって、エアコンの温度を高く設定しないようにしましょう!

エアコンの温度が高いと、デグーが熱中症を引き起こしてしまう可能性があります。

デグーの適温は気温25℃、湿度50%と言われています。

ケージの位置で寒さも変わる

床から1m以下の場所は気温の変化が大きいです。

エアコンで適温を設定していても、ケージを床に直接置いていると、エアコンの温度の+-3度変わってきます。

ケージは床から1mくらい高い位置に設置しましょう!

カイロや人間用の電気毛布を使っても大丈夫?

人間用の電気毛布の使用はおすすめしません。

誤ってかじってしまったり、コード部分にコーティングがされていないので、感電死してしまう恐れがあります。うさ暖等、ペット専用の暖房器具を使用しましょう!

またペット用に、カイロを入れるケースが売っていますが、極力控えましょう。ケースもラスチックなので、ケースに穴をあけ、カイロの袋もかじって中身を食べてしまう可能性があります!

緊急時用にカイロを準備するのはいいですが、普段使いには向いていないので、うさ暖などを使用しましょう!

デグーを飼う部屋の暖房代はいくら?

一人暮らしでデグーを飼っている場合、

冬の平均の電気代はずばり¥10,000です。(11月から2月まで)

以下は2匹飼っている時の電気代ですが、部屋の構造は1匹分と変わらないので、単純に1匹の電気代として考えます!

エアコンは夏と冬の季節はずっとつけっぱなしです。

ちなみに、私は一人暮らしで、デグー部屋の広さ12畳(主の家事などの電気代も含まれています)

2月(01、03月)¥9,000~15,000前後

5月(04、06月)¥4,000前後

8月(07、09月) ¥9,000~12,000前後

11月(10、12月)¥4,000~6,000

もし、デグーが調子悪くなったら

もし、デグーがぐでんとしていたり、震えていたら迷わず、かかりつけの病院へ行きましょう!

低体温や他の病気になっている恐れがあります!

変に自己判断せずに、お医者さんを頼りましょう!

一緒によく読まれる記事

デグーの暑さ対策!夏に必要なグッズ!

こんにちはナミです!

暑くなる季節。人間も暑いですよね>< それはデグーも一緒で日本の暑さに非常に弱いです。帰ってきたらデグーが熱中症で死んでしまった。何てこと絶対になくしたいですよね。

あなたの普段のちょっとした行動とお金で、デグーの身を安全にすることができるんです!

あなたが帰った時に、元気な姿でお出迎えしてくれるデグーをみたいのなら、本文を読んで、健やかな毎日を送れるようにしましょう!

デグーの防寒対策!冬に必要なモノ!低体温症にならないようにするためには!

デグーの暑さ対策

夏のデグー部屋に用意する必需品グッズ

  • エアコン
  • 石の保冷床
  • アルミ製の遊具
  • 毛布
  • ウサ暖

以下、理由をご説明します!

◆エアコン

夏場は必ずエアコンをつけるようにしましょう!

部屋を閉じ切っていると、気温が大変上昇します。デグーが熱中症にならないように予防が大切です。

◆石の保冷床・アルミ製の遊具

デグーが自分で涼しさを調節できるように、ペット用の保冷グッズが必要です。

保冷グッズには石でできたものやアルミ製のものがあります。デグーによって好みが違うので、いろいろと試してみましょう!

◆ウサ暖

夏なのになぜ?と思われる方がいらっしゃるかっもしれませんが、夏もウサ暖があるといいです。

理由は、エアコンなどによって室内が涼しすぎたときに、デグーが体を温められるようにするためです。

デグーは寒すぎてもよくない動物です。適温は25℃前後と言われています。

デグー自身が自分で体温を保てるようにしましょう!

マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター M

風通しのいい部屋にする

デグーのいる部屋は風通しがよく、直射日光が当たらない部屋にしましょう!

ケージの場所によっては、暑さがこもってしまう場合があります。

しっかりと確認しましょう!

ケージの位置で暑さも変わる

床から1mくらいの場所は気温の変化が大きいです。

エアコンで適温を設定していても、ケージを床に直接置いていると、エアコンの温度の-+3度変わってきます。

ケージは床から1mくらい高い位置に設置しましょう!

保冷剤や凍ったポットボトルは使っても大丈夫?

保冷剤や凍ったペットボトルを使う場合がケージの外に設置しましょう!

保冷材をケージ内に入れておくと、誤ってかじってしまい、命を落としてしまう可能性があります。

また、凍ったペットボトルは低温すぎるため、デグーが直接触らないようにしましょう。

保冷剤や凍ったポットボトルを使うのは問題ありませんが、かといってエアコンを使用しなくてよいということにはなりません。

保冷剤や凍ったペットボトルでは保冷に限界があります!

必ず、エアコンも使用しましょう!

もし、デグーの調子が悪くなったら

もし、デグーがぐでんとしていたり、震えていたら迷わず、かかりつけの病院へ行きましょう!

熱中症や他の病気になっている恐れがあります!

変に自己判断せずに、お医者さんを頼りましょう!

↓今回ご紹介した商品はこちら↓

マルカン ほっとうさ暖 リバーシブルヒーター M

デグーを一人暮らしで飼う!どんな大変さがある?

デグーは人間でいう3歳児並みの知性があるといわれています。鳴き声でコミュニケーションもとることができ、一人暮らしでも飼っている方が大勢います。私もその一人です。

しかし他の動物同様に簡単には育てられませんし、一緒に暮らしていく上で危険なこともたくさんあります。

今回はデグーを一人暮らしで飼う際の注意点をご紹介します

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

帰省時や自分が病気になったり、出張で不在の時の対処法はある?

自身の急な入院、出張などどうしても家を飼えないといけない時があります。

デグーは準備さえ整えておけば3日くらいはお留守番できますが、長期になってくるとそうはいきません。

いざ、必要な時に、預ける場所がないとなると困ってしまいます。

飼い始める前に、デグーのペットホテルがあるか、親戚や家族に預けることができるかも確認しておきましょう。

デグーは暑さ寒さに弱い!夏、冬はエアコン代がかかります!

デグーはアンデス山脈に住んでいますが、生活するうえでの適温は気温25℃、湿度50%と言われています。なので、デグーにとって日本の夏、冬はとても過酷なことがわかります。
いくら室内といっても夏は30℃、冬は10℃になりますよね。

デグーを飼うということは、要するにエアコンをつけっぱなしにするということです。

夏と冬のそれぞれ3か月はエアコンつけっぱなしです。その年の寒暖にもよりますが、だいたい¥10,000前後になります。

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

デグーを飼っている部屋の環境は最適?

デグーはにおいに敏感です。デグーのケージが汚いとストレスがかかってしまいます。
デグーケージだけでなく、ケージが置かれている部屋の環境はどうでしょうか?

床から30センチは人が思っているよりも気温が上下します。床から1mくらい離したほうがいいです。例えばエアコンの温度を25℃にしていても床付近は18℃だったりします。

よく、デグーのケージを床に置いている方がいますが、あまり好ましくありません。どうしても床に置く場合、冷気がケージに回り込まないように、 段ボールなどで、下側を囲いましょう。

デグーに快適な部屋作り!部屋んぽもすぐできる!!

デグーは部屋んぽ(室内散歩)が必要!対策できる?

デグーは行動範囲が広い生き物です。ケージで常に暮らしていると運動不足やストレスがかかってしまいます。

理想は毎日ですが、週に2~3日は部屋んぽ(室内散歩)が必要です。

一人暮らしだと、部屋がワンルームだったりするので、充分な部屋の整理ができず、カーペットにもぐったりコンセントのコードをしまえず齧ったりして感電してしまうことがあります。

しっかりと部屋んぽできるように部屋をカスタマイズしましょう。

デグーの部屋んぽの注意点!散歩の頻度や方法、デグーが戻ってこなくならないように気を付けよう!

他の動物用のエサや床に落ちた食べかすに気を付けて!

一人暮らしですとワンルームが多いので、生活環境が重なり、人が食べていたカスなどが床に落ちてしまう可能性が高くなります。しっかりと掃除しましょう。

人間にとっては無害でもデグーにとっては危険な食べ物があります。誤って食べてしまい死んでしまう報告も受けています

基本的にはデグー用のチモシー(牧草)やペレットを与えてください。おやつとして、乾燥ニンジンやキャベツなどを与えることができますが、食べすぎには注意してください。

デグー(エキゾチックアニマル)の診てもらえる病院と行き方の確認!

デグーは エキゾチックアニマルに属し、まだあまり知れ渡っていないため、動物病院でもデグーを見てもらえない場合があります。

デグーを飼う際は近くにエキゾチックアニマルを診療してもらえる動物病院があるかどうか調べておきましょう。

また病院が遠いと緊急時に最悪命にかかわります。

また、車も持っていないと電車やバス、タクシーで向かうことになります。デグーや周りへの配慮もしなければならないので、どのように通うかのシミュレーションもしておきましょう!

デグーは大きい声でも鳴く!隣の家主への対策はできてる?

デグーは小さい声で 「 ピルピル(甘え鳴き)」をしたり、「ピーッ!(警戒時)」と大きな声で鳴いたりします。一軒家の場合は家族の同意を得てから飼育しましょう。

また、マンションやアパートでは、もちろんペット飼育OKのところで買うのはもちろん、壁の厚めの部屋に住みましょう!

デグーの留守番!家を5日間空けるときの準備!帰省やペットホテルの探し方

やむを得ない急な出張や長期の旅行で家を空けるとき、デグーにはお留守番してもらうかと思いますが、日数が長くなるほどお留守番って不安になりますよね。

外出中、デグーが脱走しないか、ご飯を食べているか、お水の減りは大丈夫か、もし何かあったら!など気になってしまいます。

できることなら、自分自身も安心して外出したいっ!
デグーはしっかりと準備をすれば長期間お留守番させたり、一緒に帰省できたりします。

長期の外出で、家を空けている間、安心して過ごせる方法をご紹介します♪

お留守番での注意点

デグーは、ご飯や給水をしっかりと準備していれば、数日間はお留守番することができます。

デグーのお留守番の注意点

  • デグーは群れで暮らす動物です。何日も1匹でいると寂しくなったり、ストレスがかかってしまいます。
  • ストレスがたまると、デグー自身の毛をむしり取ったり、ケージをずっとかじってしまい、不正咬合につながってしまいます。
  • デグーはにおいに敏感です。長期間家を空けると、その間ケージを掃除することができません。

ケージにフンやおしっこのにおいが充満してきます。出かける前に掃除をして、ケージを清潔に保てるようにしておきましょう!

留守番の理想日数は3~4日が限度?!

デグーのケージの中に置けるチモシーやペレットの量には限界があります。

また、デグーは飼い主が何日いなくなるのか理解できません。食べたいがまま、チモシーを食べてしまうので、日数ごとに均等にチモシーを残しておくことなんてできません。

イージーホーム40ハイで考えた場合、たっぷりのチモシーを入れたとしても3~4日が限度となります。

では5日間尾する番してもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?

5日のお留守番で準備するもの

準備するもの

  • チモシー(日数分)
  • アルファルファ(キューブ状のチモシーを2~4つほど)
  • ペレット(日数分)←置く場所を2つに分けましょう!
  • お水
  • かじり木
  • おもちゃ

ペレットは1か所は普段の陶器に入れ、2か所目はチモシー入れの底にも入れておきましょう。ペレットを大量に食べるのを防ぎ、チモシーがなくなった時に、非常食として、与えることができます。

また、万が一のチモシーとペレットが無くなった時のために、キューブ状のチモシーも準備しておきましょう。

おもちゃやかじり木はデグーのストレス軽減対策のため、必ず設置しましょう。デグーは群れで生活するため、数日1匹でいると寂しくなり、ストレスがかかってしまい、自らの毛をむしってしまう可能性があります。

家を空ける前に、ケージの掃除をしましょう

デグーはにおいに敏感です。2、3日ケージを掃除しないと、フンやおしっこのにおいが充満してきます。出かける前に掃除をして、ケージを清潔に保てるようにしておきましょう!

お留守番中はペット録画カメラを用意すると安心

最近ではペットの様子を確認できるペット用カメラが多く販売されています。

ペットカメラは、1台あるだけで家を空けている間のペットの様子を確認することができます。

また、モノによっては暗視機能もついており、暗くなってからでも、デグーの様子を確認できます!

200万画素 ペットカメラ Wi-Fiカメラ Wi-Fi対応カメラ 日本語対応 microSDカード録画 Wi-Fiカメラ

お留守番以外の選択肢

どんなに準備しても家を空けているので、万が一のことが起こってしまった場合、すぐに対処できないですよね。

デグーの事をわかっている人に頼ることで、家を空けてもデグーを安全に過ごす方法をご紹介します。

一緒に連れていく

お正月やお盆などで帰省する方も多くいらっしゃると思います。その際、デグーを留守番させておく以外に、一緒に帰省する方法もあります。

注意する点として、帰省先の環境を前もって整えておきましょう。

一緒に連れていくときの注意点

  • ストレスにならないように、いつも使っているケージと同じ大きさのものを用意しましょう
  • エアコンやペットヒーターを設置しましょう
  • お正月などは親戚が集まることが多いと思います。デグーにとっては移動するだけでストレスがかかるので、現地についたらできるだけ静かな場所に置いてあげましょう

ペットホテルに預ける

デグーでも可能なペットホテルに預かってもらいましょう!

ペットホテルはペットショップや動物病院が一緒に行っている場合が多いです!

「その店舗で購入した個体のみ」「受診しているペット限定」「その場で診察してお預かり可能」など、いろいろあるので前もって調べておきましょう!

ホテルによって値段も違いますが、1匹になる心配がないので、ご飯やストレスの心配が軽減されます。
また店舗によっては、1日のデグーの様子を電話やメールで教えてくれたり、体調管理をしっかりとしてくれるので、デグーの健康面でも安心です。

デメリットとしては、デグーが慣れない環境になるので、場合によってはストレスがかかってしまいます。

またペットホテルは値段が高いという点があげられます。

知人に預ける

ペットホテル以外の方法として、知人や家族に預けるという方法があります。

知人に預けるデメリットは、デグーの知識がしっかりと備わっているかのという点があげられます。

また、慣れない環境に移動するので、デグーにストレスがかかる恐れがあります。家族に預けるのであれば、ホテル代等がかからないので、お金をかけずに預けることができます!

知人や家族に預ける場合は事前にデグーの飼育方法を理解してもらうことが重要です。

ペットシッターに預ける

ペットシッターさんに自宅で預かってもらう方法もあります。

家族や知人に預けるより、デグーについての知識がついているので、しっかりと面倒を見てもらいたい方はペットシッターを利用してもよいかもしれません。

ペットホテルと違い環境が変わらないため、デグーの負担にもなりにくく、遊んでもらえることが多いです。

デグーと飼い主に合った方法を。

デグーはしっかりと準備をすることで3~5日はお留守番できます!

しかし、デグーによっていろいろな性格の子がいますので、様子をみてデグーと飼い主に合った方法で、お留守番やペットホテルなどを活用しましょう♪

デグーが夜行性になってしまったら!夜に行動するデグーを昼行性に戻す方法!

飼い主が夜、遅くまで起きているとデグーもなかなか寝ないですよね。

いざ、自分が寝ようと思っても、デグーが回し車やケージをガジガジ….寝れない><
なんてことありませんか?

デグーは飼い主の生活によって、寝る時間帯を変えてしまいます。

ではどのようにしたら、ちゃんと夜に寝るようになるのでしょうか?

そもそもデグーは夜行性なの?

デグーは昼間にエサを求めて行動するれっきとした昼行性の生き物です。

野生のデグーはヤブチンチラネズミ(夜行性)と巣穴を共にし、寝床の時間を分けて生活している点からも昼行性ということができます。

デグーは飼い主に合わせて睡眠環境を変えてしまう!

昼行性という一方で、デグーは環境によって生活のリズムを変えることができてしまいます。

例えば、あなたが夜遅くまで起きていて、デグーのケージにも電気があたっているとデグーは夜の時間が、行動時間になってしまいます。

デグーを昼行性の生活に戻す3つの方法

人間もそうですが、デグーも「ハイ!今日からこの時間に寝てください!」なんてできません!

デグーの体内時計を治すには時間がかかることを忘れずに、根気強く治していきましょう。

デグーを昼の生活に戻す方法

  1. エサの時間を決める
  2. 気温を適正にする
  3. 明るさの調節をする !おすすめ!

デグーを昼行性の生活に戻す方法①=エサ=

1つの方法としてエサのあげる時間を変えることで、デグーの体内時計を治すことができます。

夜にエサをあげすぎると、体を動かそうとデグーが動き回ってしまいます。
エサをあげるのは朝と、夕方にあげて、夜には落ち着かせてみましょう。

デグーを昼行性の生活に戻す方法②=気温=

2つ目の方法として、気温の調節です。日中、飼い主がいない時に気温が高いと、デグーは動きません。また寒すぎても動きません。

あなたは家に帰ると自分の適温に部屋の温度を設定しますよね?デグーにもそれが適温なんです。デグーも適温のときに動きたいはずです。

日中もデグーの適温設定で出かけましょう。

デグーを昼行性の生活に戻す方法③=明るさ=

3つ目の方法として明るさです。この方法が一番有効かと思います。

ケージは朝~夕方、しっかりと光の入る部屋に置きましょう。

あなたが寝る1時間くらい前にはケージの上に軽く毛布を掛けてあげることでケージを暗くすることができます。(全体にかけないようご注意ください)

一日暗いと、デグーの健康面にも悪いですし、体内時計もくるってしまいます。

注意

直射日光は必ず避けてください。ケージの中が異常に暑くなってしまう危険が伴いますので気をつけましょう。

おススメとしては、時間によって電源のONOFFができるライトを購入することです。

私は、日当たりのいい部屋に置いているのはもちろんの事、タイマーサーモとLEDライトで8時に電気ON、22時にOFFと設定しています。

そうすることで、デグーの体内時計を調整してあげています。

ゼンスイ LEDランプ 45cm 水槽用 照明 ライト 水槽用照明 LEDライト 鑑賞魚 熱帯魚 アクアリウム アクセサリー

私が使用しているLEDライトは現在チャームさんで売り切れだったので、商品名だけ表示しています。↓

アクロ TRIANGLE テラリウム アクアポニックス用 450 1325lm

おすすめ関連記事

デグーを飼ったらどんなことをすればいいの?

デグー食べ物のすべて紹介!