ケージの外に散乱するチモシー対策

ケージの外に散らかるチモシー対策

こんにちは! ナミです!

デグーのケージでよくあることが、ケージ周りにフンやチモシーが転がってしまうこと!さっき拾ったのに、またいっぱい落ちてる!!最初は気にしてなかったけど、毎回毎回拾っていると少しうんざりしてしまいますよね……

掃除機をかけるとデグーがビビるので、 コロコロを使ってこまめに掃除をしている方、多いのではないでしょうか?私もその一人でした。

できることなら、簡単に片づけたいし、できれば散乱してほしくないですよね。

実は、ケージにちょっとしたものをつけるだけでケージの外にチモシーが散るのを防ぐことができます!

デグーのチモシー散乱にお困りのあなたに、カバーの作成方法をご紹介します!

イージホーム40ハイのカバーが発売されました!

デグーのチモシー散乱対策01!樹脂ネットでガード!

最近では、ケージによっては専用のビニールカバーが販売されていたりしますが、まだまだ店舗になかったり、使っているケージとサイズが違って、設置できないんてことがありますよね><

じゃあ、自分で作っちゃえ!ってことです!

農業用ネットを使用するので、すごく細かいチモシーは落ちてしまうことがありますが、結構活躍します。

色々な方法がありますが、今回は私がおすすめする方法をご紹介します!

用意するもの

市販の農業用のネットを使い、フンや尿の飛び散りを防ぐことができます!

  • 農業用のネット
  • クラフト用針金
  • ハサミ

ホームセンターで見つけられない方はネットでご注文ください!

制作手順

まず、農業用ネットをケージの大きさに切ります。全面は開閉扉があるので、扉に合わせてカットしましょう。

これを4面すべて準備しましょう!

この時、ネットの大きさはケージの下の箱と網目の奥まで入る大きさで切りましょう!

次にケージのフックに重ならないようにカットします。↓図

ネットが切れたら、ケージとネットを固定しましょう!上部・中部。下部の3ヵ所ずつ固定すると比較的きれいに固定することができます!

これで完成です!

樹脂ネットの他の使い方

床の網に着けてデグーの足の負担を軽減したり、チモシーが網の下に落ちてしまうのを防ぐことができます。

ちなみに床の網にネットをつけると、フンまで下へ落ちなくなってしまうので、お気を付けください。

デグーのチモシー散乱対策02!プラスチック板をケージの溝に設置する!

もう1つの方法としてはプラスチック板を上記の網と同じようにカットして、ケージの溝に設置します!

少し見栄えが悪くなってしまったり、カットしにくい点が難点です。

ホームセンターの木材やアクリルパネルエリアにあります!

※アクリル板ではないので注意してください!アクリル板だとカットが大変です!

※また、サイズが小さいのですが、100均に売っている下敷きでも代替可能です。最近ですと、手芸用のエリアにプラ板が売っているので、そちらを利用してもいいかもしれません!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

ケージの掃除のしやすさや保温ができるカバーが1つあるととても便利ですよね!

また、自作することで、掃除のしやすさはもちろん、ケージの空気清浄にも手を加えることができる事をご紹介しました!

ぜひ、お使いください!


デグーを飼い始める前に知っておくこと

ペットを飼うということはその子の生涯を共にするということです。
デグーだけでなく、他の動物や人間もいつかは年老いて死を迎えます。

くーちゃん
「可愛い!」だけでなく、その子の一生を見届けることがでる?
チィちゃん
病気になった時、 栄養補助食やトイレのお世話はできる?
くーちゃん
一緒に暮らしていく上で、光熱費がかかったりするのを知ってる?

今回は、デグーを飼うと決めた方に前もって知っておくことをご紹介します

デグーは暑さ寒さに弱い!夏、冬はエアコン代がかかる!その値段は?

デグーの生活で最適な湿度・温度

生活するうえでの適温は
気温25℃、湿度50%

デグーはアンデス山脈に住んでいますが、生活するうえでの適温は気温25℃、湿度50%と言われています。
なので、デグーにとって、日本の夏や冬はとても過酷な環境です。

日本では室内といっても夏は30℃、冬は10℃になります。

デグーを飼うということは、エアコンをつけっぱなしにするということです。

その年の寒暖にもよりますが、電気代は月¥10,000前後になります。

もしここで電気代がもったいない!などと思うなら、あなたはデグーを飼うべきではありません。
電気がもったいないと思うのであれば、自分の生活の方で我慢しましょう。それくらいの気持ちが無くてはいけません。

私は一人暮らしで、デグーを2匹飼っていますので、参考に私の電気代をご紹介します。
デグー部屋の広さ12畳(主の家事などの電気代も含まれています)

1年の電気代

  • 2月(01、03月)¥9,000~15,000前後
  • 5月(04、06月)¥4,000前後
  • 8月(07、09月) ¥9,000~12,000前後
  • 11月(10、12月)¥4,000~6,000

夏と冬のそれぞれ3か月はエアコンつけっぱなしです。

デグーの飼育の維持費はどれくらい?電気代や消耗品にかかる費用【総まとめ】

デグーを飼う部屋の環境は整っている?最低限のレイアウトとは?

デグーはニオイに敏感です。デグーのケージが汚いと掃除してとせかしてくるほどです。

デグーケージだけでなく、ケージが置かれている部屋の環境は整っていますか?
部屋の中で散歩をしたりするので、電気コードや食べかすが無いようにしないといけません。

ケージを置く部屋の環境

  • ケージの設置場所は寒暖差が起きない場所を選びましょう。
  • アロマを置かない
    (デグーではまだ伝わっていませんが、犬や猫にとってアロマは危険です。確かではありませんが、デグーのいる部屋に人工物であるアロマなどはおかないほうが得策です)
  • また、殺虫剤やたばこもデグーにとっては危険なので、やめましょう!
  • 他の動物がいる部屋はやめましょう
    (ただし、チンチラやモルモットは仲良くなる可能性があります。)
  • デグーのケージは床から30センチくらい上に設置しましょう

床から30センチは人が思っているよりも気温が上下します。床から1mくらい離しましょう。
例えばエアコンの温度を25℃にしていても床付近は18℃だったりします。

よく、デグーのケージを床に置いている方がいますが、あまり好ましくありません。
どうしても床に置く場合、冷気がケージに回り込まないように、 段ボールなどで、下側を囲いましょう。

デグーに快適な部屋作り!部屋んぽもすぐできる!!

デグーの部屋んぽの注意点!散歩の頻度や方法、デグーが戻ってこなくならないように気を付けよう!

デグーは横幅広く高いケージが必要!

デグーは野生では岩場に15~60cmの深さにトンネル状の穴をあけて暮らしています。
デグーのケージも高さが60cmくらいあるのが好ましいです。

ポイント

「イージーホーム40ハイ」など、60cmの高さのケージ内で2~4段ほどの階数を作ってあげましょう
※【イージーホーム40ハイについて】掃除もしやすく、初めてデグーを飼われる方にもおすすめです。

三晃商会 SANKO イージーホーム 40 ハイ(435×500×620)

他の動物用のエサは危険を伴う!

人口の甘味物(チョコレートやケーキ)、モモやびわなどのくだものはあげないでください。

デグーの餌は何がいい?デグーが食べてはいけない物・食べれるもの

ほかにも猫と同じように、玉ねぎやアボカドは与えないようにしましょう。上記の物はデグーにとってとても害となるものです。

基本的にはデグー用のチモシー(牧草)ペレットを与えましょう!
おやつとして、乾燥ニンジンやキャベツなどを与えることができますが、食べすぎには注意してください。

デグーのチモシー一覧│おすすめのチモシーは?

デグーのおすすめペレット一覧!

デグーのおやつ一覧おすすめのおやつは?

デグー(エキゾチックアニマル)の診てもらえる病院の確認をしよう!

デグーは エキゾチックアニマル(に属し、まだあまり知れ渡っていないため、動物病院でもデグーを見てもらえない場合があります。

デグーを飼う際は近くにエキゾチックアニマルを診療してもらえる動物病院があるかどうか調べておきましょう。

病院が遠いと緊急時、最悪命にかかわります。

出張時など、デグーを預けられる場所はあるか探そう!

自身の急な入院、出張などどうしても家を飼えないといけない時があります。

デグーは準備さえ整えておけば3日くらいはお留守番できますが、長期になってくるとそうはいきません。
いざ、必要な時に、預ける場所がないとなると困ってしまいます。

飼い始める前に、デグーのペットホテルがあるか、親戚や家族に預けることができるかも確認しておきましょう。

デグーの留守番!家を5日間空けるときの準備!帰省やペットホテルの探し方

デグーは大きい声でも鳴く!隣の家主への対策はできてる?

デグーは小さい声で 「 ピルピル(甘え鳴き)」をしたり、「ピーッ!(警戒時)」と大きな声で鳴いたりします。一軒家の場合は家族の同意を得てから飼育しましょう。

また、マンションやアパートでは、もちろんペット飼育OKのところで飼い、壁の厚めの部屋に住みましょう!

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

【29話】デグーを寝かしつけるときの鳴き声が可愛くてしょうがない!【デグー 飼育ブログ】

一緒に読まれている記事

【デグー初心者】デグーの飼い方総まとめ!飼うときの注意点や準備するもの!

デグーになついてもらう7つの方法&なつかないデグーの接し方

デグーに噛まれた時の対処法。自分の応急処置の仕方

デグーの鳴き声!どんな時に鳴く?喜怒哀楽の見分け方

デグーの抱っこの仕方・やり方!抱っこの保定ができると病院で大活躍!


デグーの留守番!家を5日間空けるときの準備!帰省やペットホテルの探し方

やむを得ない急な出張や長期の旅行で家を空けるとき、デグーにはお留守番してもらうかと思いますが、日数が長くなるほどお留守番って不安になりますよね。

外出中、デグーが脱走しないか、ご飯を食べているか、お水の減りは大丈夫か、もし何かあったら!など気になってしまいます。

できることなら、自分自身も安心して外出したいっ!
デグーはしっかりと準備をすれば長期間お留守番させたり、一緒に帰省できたりします。

長期の外出で、家を空けている間、安心して過ごせる方法をご紹介します♪

お留守番での注意点

デグーは、ご飯や給水をしっかりと準備していれば、数日間はお留守番することができます。

デグーのお留守番の注意点

  • デグーは群れで暮らす動物です。何日も1匹でいると寂しくなったり、ストレスがかかってしまいます。
  • ストレスがたまると、デグー自身の毛をむしり取ったり、ケージをずっとかじってしまい、不正咬合につながってしまいます。
  • デグーはにおいに敏感です。長期間家を空けると、その間ケージを掃除することができません。

ケージにフンやおしっこのにおいが充満してきます。出かける前に掃除をして、ケージを清潔に保てるようにしておきましょう!

留守番の理想日数は3~4日が限度?!

デグーのケージの中に置けるチモシーやペレットの量には限界があります。

また、デグーは飼い主が何日いなくなるのか理解できません。食べたいがまま、チモシーを食べてしまうので、日数ごとに均等にチモシーを残しておくことなんてできません。

イージーホーム40ハイで考えた場合、たっぷりのチモシーを入れたとしても3~4日が限度となります。

では5日間尾する番してもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?

5日のお留守番で準備するもの

準備するもの

  • チモシー(日数分)
  • アルファルファ(キューブ状のチモシーを2~4つほど)
  • ペレット(日数分)←置く場所を2つに分けましょう!
  • お水
  • かじり木
  • おもちゃ

ペレットは1か所は普段の陶器に入れ、2か所目はチモシー入れの底にも入れておきましょう。ペレットを大量に食べるのを防ぎ、チモシーがなくなった時に、非常食として、与えることができます。

また、万が一のチモシーとペレットが無くなった時のために、キューブ状のチモシーも準備しておきましょう。

おもちゃやかじり木はデグーのストレス軽減対策のため、必ず設置しましょう。デグーは群れで生活するため、数日1匹でいると寂しくなり、ストレスがかかってしまい、自らの毛をむしってしまう可能性があります。

家を空ける前に、ケージの掃除をしましょう

デグーはにおいに敏感です。2、3日ケージを掃除しないと、フンやおしっこのにおいが充満してきます。出かける前に掃除をして、ケージを清潔に保てるようにしておきましょう!

お留守番中はペット録画カメラを用意すると安心

最近ではペットの様子を確認できるペット用カメラが多く販売されています。

ペットカメラは、1台あるだけで家を空けている間のペットの様子を確認することができます。

また、モノによっては暗視機能もついており、暗くなってからでも、デグーの様子を確認できます!

200万画素 ペットカメラ Wi-Fiカメラ Wi-Fi対応カメラ 日本語対応 microSDカード録画 Wi-Fiカメラ

お留守番以外の選択肢

どんなに準備しても家を空けているので、万が一のことが起こってしまった場合、すぐに対処できないですよね。

デグーの事をわかっている人に頼ることで、家を空けてもデグーを安全に過ごす方法をご紹介します。

一緒に連れていく

お正月やお盆などで帰省する方も多くいらっしゃると思います。その際、デグーを留守番させておく以外に、一緒に帰省する方法もあります。

注意する点として、帰省先の環境を前もって整えておきましょう。

一緒に連れていくときの注意点

  • ストレスにならないように、いつも使っているケージと同じ大きさのものを用意しましょう
  • エアコンやペットヒーターを設置しましょう
  • お正月などは親戚が集まることが多いと思います。デグーにとっては移動するだけでストレスがかかるので、現地についたらできるだけ静かな場所に置いてあげましょう

ペットホテルに預ける

デグーでも可能なペットホテルに預かってもらいましょう!

ペットホテルはペットショップや動物病院が一緒に行っている場合が多いです!

「その店舗で購入した個体のみ」「受診しているペット限定」「その場で診察してお預かり可能」など、いろいろあるので前もって調べておきましょう!

ホテルによって値段も違いますが、1匹になる心配がないので、ご飯やストレスの心配が軽減されます。
また店舗によっては、1日のデグーの様子を電話やメールで教えてくれたり、体調管理をしっかりとしてくれるので、デグーの健康面でも安心です。

デメリットとしては、デグーが慣れない環境になるので、場合によってはストレスがかかってしまいます。

またペットホテルは値段が高いという点があげられます。

知人に預ける

ペットホテル以外の方法として、知人や家族に預けるという方法があります。

知人に預けるデメリットは、デグーの知識がしっかりと備わっているかのという点があげられます。

また、慣れない環境に移動するので、デグーにストレスがかかる恐れがあります。家族に預けるのであれば、ホテル代等がかからないので、お金をかけずに預けることができます!

知人や家族に預ける場合は事前にデグーの飼育方法を理解してもらうことが重要です。

ペットシッターに預ける

ペットシッターさんに自宅で預かってもらう方法もあります。

家族や知人に預けるより、デグーについての知識がついているので、しっかりと面倒を見てもらいたい方はペットシッターを利用してもよいかもしれません。

ペットホテルと違い環境が変わらないため、デグーの負担にもなりにくく、遊んでもらえることが多いです。

デグーと飼い主に合った方法を。

デグーはしっかりと準備をすることで3~5日はお留守番できます!

しかし、デグーによっていろいろな性格の子がいますので、様子をみてデグーと飼い主に合った方法で、お留守番やペットホテルなどを活用しましょう♪

ケージの横から落ちるフンを何とかするには?

こんにちはナミです!

デグーのケージでよくあることが、ケージ周りにフンが転がってしまうこと!さっき拾ったのに、またいっぱい落ちてる!!最初は気にしてなかったけど、毎回毎回拾っていると少しうんざりしてしまいますよね

フン自体は多くもないし、掃除機をかけるとデグーがビビるし、堅さもコロコロしているので、軽くつまんで捨てている方、多いのではないでしょうか?私もその一人でした。

できることなら、簡単に片づけたいし、できれば散乱してほしくないですよね。

実は、ケージにちょっとしたものをつけるだけでフンやおしっこの飛び散りを防ぐことができるんですよ!

デグーのフンやおしっこの飛び散りにお困りのあなたに、カバーの作成方法をご紹介します!

デグーのうんち対策!樹脂ネットでガード!

最近では、ケージによっては専用のビニールカバーが販売されていたりしますが、まだまだ店舗になかったり、使っているケージとサイズが違って、設置できないんてことがありますよね><

じゃあ、自分で作っちゃえ!ってことです!

色々な方法がありますが、今回は私がおすすめする方法をご紹介します!

用意するもの

市販の農業用のネットを使い、フンや尿の飛び散りを防ぐことができます!

  • 農業用のネット
  • クラフト用針金
  • ハサミ

ホームセンターで見つけられない方はネットでご注文ください!

制作手順

まず、農業用ネットをケージの大きさに切ります。全面は開閉扉があるので、扉に合わせてカットしましょう。

これを4面すべて準備しましょう!

この時、ネットの大きさはケージの下の箱と網目の奥まで入る大きさで切りましょう!

次にケージのフックに重ならないようにカットします。↓図

ネットが切れたら、ケージとネットを固定しましょう!上部・中部。下部の3ヵ所ずつ固定すると比較的きれいに固定することができます!

樹脂ネットの他の使い方

床の網に着けてデグーの足の負担を軽減したり、チモシーが網の下に落ちてしまうのを防ぐことができます。

ちなみに床の網にネットをつけると、フンまで下へ落ちなくなってしまうので、お気を付けください。

他の方法!専用カバーを購入する!

イージーホーム40ハイと37ハイに専用のカバーが発売されました!!(
2019/03現在 )

このカバーは、

  • ケージにカバーをかけると掃除がとても楽になる
  • ケージに外気を直接当てなくてすむ

利点があります!今回は自作の方法をご紹介なので、よろしければ、カバー用の記事をご覧ください!

詳しくはこちら↓

イージホーム40ハイのカバーが発売されました!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

ケージの掃除のしやすさや保温ができるカバーが1つあるととても便利ですよね!

また、自作することで、掃除のしやすさはもちろん、ケージの空気清浄にも手を加えることができる事をご紹介しました!

ぜひ、お使いください!

イージホーム40ハイのカバーが発売されました!

こんにちはナミです!

デグーのケージでよくあることが、ケージ周りにフンが転がってしまうこと!

さっき拾ったのに、またいっぱい落ちてる!!最初は気にしてなかったけど、毎回毎回拾っていると少しうんざりしてしまいますよね

フン自体は多くもないし、掃除機をかけるとデグーがビビるし、堅さもコロコロしているので、軽くつまんで捨てている方、多いのではないでしょうか?私もその一人でした。

できることなら、簡単に片づけたいし、できれば散乱してほしくないですよね。

実は、イージーホム40ハイと37ハイにカバーが出たんです!

カバーをつけるだけで、フンやおしっこの飛び散りや、保温ができます!

今回はデグーのフンやおしっこの飛び散り防止カバーをご紹介します

どんな時に役立つの?

掃除が楽になります

ケージにカバーをかけると掃除がとても楽になります!

理由は、ケージ外に落ちてしまっていた、フンや尿、チモシーがカバーによって飛び散りを防ぎ、ケージ内に落ちるようになるんです!

ケージ外にこびりついた尿を拭くのって大変ですよね。チモシーもフンも毎日散乱するので、こまめに拾わないといけない!!めっちゃ大変ですよね><

ケージに外気を直接当てなくてすむ!

デグーのケージは網目のケージが多いかと思いますが、ここで気になるのが、外気が直接当たってしまうことですよね!

カバーをつけることにより、外気が直接当たるのを防ぎ、また、ケージの保温にも効果を期待できます。

外気の変化は夏も冬もありますので、カバーが1つあるだけで、大活躍します!

まとめ!カバーをつけることにこんなにいい事があるんです!

  • フンの飛び散り防止
  • おしっこの飛び散り防止
  • 簡単な保温
  • ケージを直接、外気に触れることを防ぐ
  • チモシーの散乱防止

カバーの価格

発売当初では以下となっていました!(2019年3月現在、値下がりしています)

イージーホーム40ハイ専用:2,000円+送料700円

イージーホーム37ハイ専用: 2,000 円+送料700円

発売されて間もない(2019年03月時点)事もあり、まだ実店舗で販売しているペットショップやホームセンターは少ないようです。

Amazonや楽天で購入すると、ポイントも貯まり、かつ値段を抑えて購入することができるので、ネット購入がおススメです。最近ではもう少し値段が下がってきていて、40ハイ・37ハイどちらも

1,600円+送料700円程で購入できるようになってきています!

安く買いたいあなた!購入はこちら!

価格のまとめでもお伝えしましたが、Amazonや楽天で購入すると、ポイントも貯まり、かつ値段を抑えて購入することができるので、ネット購入がおススメです。

また、他にもグッズを買う方は楽天チャームさんがおススメです。一定額で送料無料にもなり、デグーの用品もたくさん扱っています

自作の箱作り

カバーをつけてしまうとケージ内の空気が悪くなってしまうと心配な方は、カバーを自作することで、解決します!

市販の農業用のネットを使い、フンや尿の飛び散りを防ぐことができます!

用意するもの

  • 農業用のネット
  • クラフト用針金
  • ハサミ

ホームセンターで見つけられない方はネットでご注文ください!

作り方

まず、農業用ネットをケージの大きさに切ります。全面は開閉扉があるので、扉に合わせてカットしましょう。

これを4面すべて準備しましょう!

この時、ネットの大きさはケージの下の箱と網目の奥まで入る大きさで切りましょう!

次にケージのフックに重ならないようにカットします。↓図

ネットが切れたら、ケージとネットをクラフト用の針金で固定しましょう!上部。中部、下部の3ヵ所ずつ固定すると比較的きれいに固定することができます!

まとめ

いかがでしたでしょうか!

ケージの掃除のしやすさや保温ができるカバーが1つあるととても便利ですよね!

また、自作することで、掃除のしやすさはもちろん、ケージの空気清浄にも手を加えることができる事をご紹介しました!

ぜひ、お使いください!

↓今回ご紹介した商品はこちら↓